JGTO会長としても奮闘する「世界の青木」

写真拡大 (全3枚)

「10球も打ったら疲れたよ(笑い)」──右に曲がっていくスライスボールを目で追いながら苦笑いするのは、今年3月に日本ゴルフツアー機構(JGTO)の第4代会長に就任した青木功(73)。日本のメジャー大会のひとつ、JGTOが主催する「日本ゴルフツアー選手権 森ビル杯」のプロアマ戦に出場するため練習場に姿を見せた6月1日の光景である。

「以前から会長にと打診されていたんだけど、『そんな器じゃない』と固辞してきたんですよ。でも、私も歳をとったんだね。自分にできることはゴルフ界への恩返しかなと思えるようになった」

 国内男子ツアーの人気凋落は深刻だ。年間試合数は、1983年の46試合をピークに年々減少、今年は26試合。38試合ある女子ツアーの盛り上がりとは対照的だ。危機感を募らす男子ツアー選手会からの強い要望もあり、就任を受諾した。

「私が会長になったからスポンサーが一気に増えるなんて甘いものじゃない。皆で一丸となって改革していかなければならない」

 青木の決断は言葉だけではなかった。会長になるや役員を一新、尾崎将司(69)の特別顧問就任を決め、丸山茂樹(46)を新設の相談役に据えたほか、中嶋常幸(61)への打診も検討している。往年の名選手が青木のもとに集まる形となるが、主役は若手を含む選手自身だと考えている青木が掲げた理念は「人を育む」ことだった。

「私の仕事は選手の意識を変えることです。プロとしての矜持を持ち、ゴルフへの闘争心を前面に出してもらいたい。そのためにコースセッティングも熟慮すべき。ナイスショットした選手にはチャンスというご褒美を、ミスショットした選手にはピンチというペナルティを課すということです」

 青木がコースセッティングを協議し、全ホールのグリーンでカップを切る位置を指示した「日本ゴルフツアー選手権」。彼の言葉通りトータルではアンダーパーがわずか2人という波乱の展開となった。また、この大会では、青木の発案によってプロアマ戦で全員同じティから打つという試みが初めて導入された。

「プロの豪快なドライバーショットを楽しんでもらいたいので、18ホール中4ホールをプロがトーナメントと同じティから打ち、残りの14ホールはアマと同じティから打つことにしました。第2打地点に来るとプロとアマチュアの飛距離の差がわかるようにしたんです。これは好評で、嬉しかったですねえ」

 もちろん青木自身もプロアマ戦に参加し、愉快な話でゲストを楽しませていた。ホールアウト後、主催者のトップとしてパーティで挨拶。さらにその後、記者会見に臨んで報道陣に「よろしくお願いします」と頭を下げる。

「スーツを新調して、今年はきっとネクタイを締める日が100日を超えるだろうね。毎日毎日、朝から晩まで会議、会議、会議で、今まで1日2回だった食事が3回になった。最近はゴルフクラブじゃなくて、言葉が商売道具みたいだ(笑い)。

 このまま引退するのかって? バカいっちゃいけませんよ。長年の経験の中で考案した10種類以上のオリジナルのトレーニングメニューを毎朝1時間やっています。今朝も、ホテルでゴムチューブを使ってみっちり体を動かした。日々筋力が落ちないように工夫しているし、気持ちの中でずっとクラブを握っているんです。でも、ドライバーの飛距離は落ちているけどね」

 目標は10度目のエイジシュート。年齢と同じ、もしくはそれ以下のスコアで回る夢のようなレベルだが、「試合での勝負の掛かった場面で出したいよね」と呟く横顔は勝負師のそれだった。

「今年は何試合出られるかわからないけど、準備だけはしておきたい。力は落ちた。それは認めます。まだ3回しかコースに出てないんだからね。でも、JGTO会長として、プロゴルファー・青木功の出場を認める判を1つでも多くの大会で押したい。その判断は厳しくしますよ(笑い)」

 国内男子ツアー人気復活のキーマンは、今も密かに優勝カップを手渡されることを狙っている──。

◆あおき・いさお/1942年生まれ。千葉県出身。1965年にツアーデビュー、1971年「関東プロ選手権」で初優勝を飾る。1976年に初の賞金王に輝き、1978年からは4年連続賞金王。1980年の「全米オープン」ではジャック・ニクラウスと4日間トップを争い、最終日最終組ながら惜しくも2位。プロ通算85勝。2004年に世界ゴルフ殿堂入り、2009年紫綬褒章、2015年旭日小綬章を受章。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■工藤晋

※週刊ポスト2016年6月24日号