左右の"眼"を持つ 充実のカメラ機能

写真拡大

スマートフォン(スマホ)およびタブレットなどを手がけるファーウェイ・ジャパン(東京都千代田区)は、SIMフリースマホ「HUAWEI P9」を2016年6月17日に、全国の家電量販店および直販サイト「Vモール」、MVNO(仮想移動体通信事業者)などを通じ発売する。

メインカメラに独ライカと共同開発の「ダブルレンズ」(1200万画素×2)を搭載。RGBセンサーと比較して形状や輪郭、光をより多く取り込める「モノクロセンサー」を一方のカメラに内蔵し、RGBセンサーとの組み合わせによる鮮明な画質を実現し、暗いシーンや逆光での撮影時に威力を発揮するという。

フォーカスは従来のコントラストに近距離向けのレーザー、遠距離向けのデプスを組み合わせた「ハイブリッドフォーカス」方式を採用。美しいボケの「ワイドアパーチャー」、「フィルムモード」、「モノクロモード」などの機能やモードを備える。

約5.2型(1920×1080ドット)IPS液晶ディスプレイ、OSは「Android 6.0」、独自ユーザーインターフェイス「Emotion UI 4.1」を搭載。メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。バッテリー容量は3000mAh。SIMカードスロットはnanoSIM。カラーはミスティックシルバー、チタニウムグレーの2色。

市場想定価格は5万9800円(税別)。

このほか、シングルカメラ搭載のエントリーモデル「HUAWEI P9 lite」も同時発売する。市場想定価格は2万9980円(同)。