レーティング:ドイツ 0-0 ポーランド《ユーロ2016》

写真拡大

▽ユーロ2016グループC第2節のドイツ代表vsポーランド代表が16日、スタッド・ド・フランスで行われ、0-0で終了した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

(C)CWS Brains,LTD.
▽ドイツ採点

GK

1 ノイアー 5.5

難しいシュートは飛んでこなかった

DF

4 ヘヴェデス 5.5

グロシツキの突破に対応

17 J・ボアテング 6.0

同僚のレヴァンドフスキに仕事をさせず

5 フンメルス 6.0

ケガ明けながら身体を張った守備でピンチを防いだ

3 ヘクター 5.5

何度かオーバーラップを仕掛けて打開を図る

MF

13 ミュラー 5.0

なかなかゴール前で仕事ができず

6 ケディラ 5.0

攻守に凡庸

8 エジル 5.0

1本決定的な枠内シュートを浴びせたものの、初戦同様にボールになかなか絡めず

18 クロース 6.0

16分の決定機は決めたかった。ただ、最も質の高いプレーを見せていた

11 ドラクスラー 5.0

決定的な働きはできず。シュールレ投入後は右サイドでプレー

(→ゴメス 5.0)

彼の投入で逆に攻撃が停滞

FW

19 ゲッツェ 5.0

スペースがなくボールを受けられず

(→シュールレ 5.5)

彼の投入後はやや攻撃が活性化した

監督

レーブ 5.5

ゲッツェのゼロトップが初戦に続き機能せず。ゴメス投入も不発に終わった

(C)CWS Brains,LTD.
▽ポーランド採点

GK

22 ファビアンスキ 6.0

シュチェスニー負傷を受けて先発。エジルのシュートをファインセーブで阻止

DF

20 ピシュチェク 5.5

1度ミュラーの突破を許したが、ドラクスラーを封じる

15 グリク 6.0

守備を統率。要所を締めた

2 パズダン 6.0

対人の強さを発揮

3 イェンドジェイチク 5.5

ミュラーの動きを封じる

MF

16 ブワシュチコフスキ 5.5

守備に追われ、攻撃面で違いを生めず

(→カプスツカ -)

10 クリホヴィアク 6.0

守備を締めた

7 ミリク 4.5

後半立ち上がりの決定機を逸し、69分のビッグチャンスもフイに

5 マチニスキ 5.5

クリホヴィアクと共にバイタルエリアを埋めた

(→ヨドロヴィエツ -)

11 グロシツキ 5.5

ケガ明け。守備に追われる展開だったが後半は多少攻撃に絡んだ

(→ペシュコ -)

FW

9 レヴァンドフスキ 5.0

バイエルンの同僚相手に沈黙

監督

ナヴァルカ 6.0

泥仕合に持ち込み、勝ち点1をもぎ取る

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

グリク(ポーランド)

▽決定機の少ない低調な試合だったが、ドイツ攻撃陣を封じ込んだディフェンスリーダーのグリクを選出。

ドイツ 0-0 ポーランド