6月15日(水)にWEC 2016年 第3戦 ル・マン24時間レース予選1回目が終了しトヨタはポルシェの2台に引き続き、6号車が3番手、5号車が4番手のタイムを出しました。予選2回目の直前、トヨタの5号車の中嶋一貴選手と6号車の小林可夢偉選手から直接お話しを聞くことができました!

1

予選のについて、5号車の中嶋選手は「トラフィックにひっかかって、すっきりした予選ではなかったです。少なくとも最低限、必要なタイムは出せているので、あとは決勝に向けて準備するだけです。」と語ってくれました。また予選の順位は気にしていないか?という質問に対して、「6分のいくつか(LMP1-Hクラス全6台中の何位か)というのは気にしてないです。」との事でした。

私もコクピットに座らせていただき、視界が思いのほか悪いと思った走行中の視界について質問したところ、「走っている時は基本的に前しか見てないです。夜は暗いので見えにくいコーナーもありますが、だいぶ慣れてきました。」と、ル・マン参戦5年目の余裕を見せてくれました。

決勝については、「自分達がミスをしないこととマシンの信頼性が勝つためのキーポイントだと思います。ペース的にはそれほど大きな差はないと思うので、トラブルフリーでやりきりたいです。」と語っていました。ちなみに、決勝での走行順については、今の所中嶋選手は3番目に走行するそうです。

6号車の小林選手は「(予選結果の)3番手は僕らが想像している中で良いポジションですので、満足しています。ただ、予選の順位が大事というよりも、自分達のペースを見るモノサシとしては、良い結果かなと思います。」と語ってくれました。また「ライバルとのタイム差については、去年ほど差は感じられないです。」

LMP1-Hクラスでの参戦が初めての小林選手ですが、「コーナーが見えないですね。まだ慣れないので、早く慣れたいです。ブレーキングポイントの数字が光りすぎて見えないので、数えながらブレーキングしてます。」とドライビングへの苦悩も教えてくれました。

また、ル・マンウィークでの生活面での苦労は「ル・マンが楽しいのはテストデーだけで、それ以降は長いです。一番大変なのが、体重制限。一定の体重を保たなければいけない安定生活を1〜2週間前からしています。炭水化物はほとんど食べません。そう意味でも、耐久レースですね。」

そして、今年狙っているのは「もちろん、優勝を目指します。」と力強いコメントで自信を見せていました。これは嬉しいお話しですよね。今年こそ悲願の初優勝を果たしてほしいです!

予選2回目は6月16日(木)午後7時〜午後9時(日本時間午前2時〜午前4時)、予選3回目は6月16日(木)午後10時〜午前0時(日本時間午前5時〜午前7時)です。中嶋選手も小林選手も2回目以降の予選については、「決勝に向けてセッティングを変えていきます。」とのこと。まもなく予選2回目スタートです!

(yuri)

2016年ル・マン24時間レース、トヨタは予選1回目で3位と4位! 中嶋&小林選手の心境は?(http://clicccar.com/2016/06/17/379291/)