政治資金の用途が不適切なのではないかという疑惑を受け、遂に東京都の舛添知事が辞職を表明しました。そのお金の使い方に対して、ある議員からは「あまりにもせこい」という追及の声があがっていましたよね。

しかし、女性が思わず「男らしくない!」と思ってしまうようなせこいお金の使い方をする男は世の中にたくさん存在しています。

そこで今回は、付き合ってみると恥ずかしい“せこい彼氏”の特徴について見ていきたいと思います。

 

■1:たくさん飲食したときは“割り勘”

付き合い始める前は「俺が払うよ」と言ってくれていたのに、いざお付き合いを初めたら割り勘ばかり……。別に、割り勘でもよいのですが、「俺はたくさん飲んだから多く払うね」の精神がない男は、器が小さい男だと言えるでしょう。

女性と付き合えるかどうかというタイミングで女性に奢ることは“必要経費”でも、付き合い始めたらそれが“無駄な出費”に変わるという考え方がまさに“せこい”ですよね。

こちらが多く払ったのに、そのおつりを黙って着服したり、1円単位での割り勘を求めてきたら、もう最悪です。

しかもそういう場合は、大体彼のほうがたくさん飲食していたりして、さらにタチが悪いということも少なくありません。彼らには「申し訳ないな」という気持ちがわかないのでしょうか?

 

■2:平日のデートで領収書を切る

会社終わりに少しだけデート。そんなときの飲食代で領収書を切っている男性がいたら要注意です。

営業職だったり、ある程度の裁量権を持っている男性の場合、平日のデートで使ったお金を「取引先との会食」などと嘘をつき、“経費”として会社に申請していることがあったりします。

もちろんそれは“不正請求”ですし、彼の会社の経費で食事を奢られても嬉しくありませんよね。

そういった“小さな不正”を躊躇なく行うような男は、絶対にいつか痛い目を見るので、それに巻き込まれないように注意してください。最悪の場合、彼にもクビが待っています。

 

■3:記念日でも安い居酒屋

お金の使い方は人それぞれですが、記念日くらいは少し豪華なデートをしたいですよね。普段は安い居酒屋を愛用していても、記念日には美味しいレストランへ行きたいと思う女性も多いことでしょう。

しかし、せこい彼氏にそんな理論は通用しません。

彼らは基本的に「自分のためには豪華にお金を使うけれども、他人のためにはお金を消費したくない」と考えています。それどころか、「できることならば、自分のお金を使わずにいい思いをしたい」とすら考えている輩もいるのです。

例えそれが彼女の誕生日だったとしても、せこい彼にとっては“無駄な出費”ですから、できるだけ自分のお金を使わないように、安い居酒屋で済ませようとするのです。

 

お金の使い方にはその人の本性が現れると言いますよね。カッコいい男は、絶対にカッコいいお金の使い方をしているはずです。

「この人、なんてせこいお金の使い方するんだろう」と感じたら、彼とのお付き合いを一度見直してみてもよいのかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 3人に1人が!? 「ケチくさいのに浪費している」男のヤバい習性

※ 誕生日でわかる!お金に縁の深い運命を持つ「マネメン」ベスト3

※ マイナス金利にも神対応!? 今熱い「投資型男子」人気の理由3つ

 

【姉妹サイト】

※ 舛添より信頼できる!? 「都知事になってほしい人」2位橋下徹、1位は」

※ たとえイケメンでも!「どうしても尊敬できない」職場男子の特徴3つ

 

【参考】

※ いるよね…金持ちなのに「自分の女にケチ」な男!見破るサイン3つ - Menjoy!

※ 愛する彼氏に本気でドン引きした瞬間12パターン - Menjoy!

 

【画像】

By seniorplanning