夜ケアで朝ラク。梅雨どきキューティクルケア

写真拡大 (全3枚)

梅雨時期の一番の悩みは、うねったり広がったりしてまとまらないヘアスタイル。忙しい朝には、それほど時間をかけられないし......。髪の広がりやうねりのおもな原因は、髪のダメージだそう。髪のダメージには、キューティクルを整えることが一番の解決策。
梅雨時期はしっかりダメージケア対策
セレブにも人気のヘアケアプロダクトが揃っている「john masters organics(ジョンマスターオーガニック)」で、ダメージケアを解決できるものを探してみました。
コンボパドルブラシ 3,400円(税別)
まずは、ブラッシングから。キューティクルを整え髪の広がりをおさえてくれるブラシを見つけました。天然猪毛とマイナスイオンを放つトルマリンが配合された混合ブラシは、広がりが気になる髪をなめらかにしてくれるそう。
そして、この時期は根元からドライヤーで乾かします。

水分が根元に残るとうねりの原因になるようです。片方の手で髪の毛をかき分けながら斜め45度ていど上からドライヤーをかけるようにします。こうすることで、水分が不足がちな髪の毛先も乾き過ぎませんよ。
(「綺麗になりたい」より引用)

安心の使い心地はオーガニックならでは
G&C リーブインコンディショニングミスト 125ml 3,500円(税別)
ドライヤーでしっかり乾いてなくて、もつれや寝ぐせがついてしまった時には、そんな髪を艶のあるサラサラ髪にしてくれるというミストを。ブロッコリー種子油などが、キューティクルを保護してくれる洗い流さないトリートメントです。
汚れはしっかり落として髪の芯から補修
とくにジメジメして汗ばんだ日には、頭皮の余分な皮脂や汚れを落としてから、地肌や髪に栄養成分や美容成分を浸透させることが大切。H&Hヘアシャンプーの「泡パック」がピッタリです。泡パックは、なるべく濃密に泡をたてた後、1〜2分おいてから洗い流すだけ。水分を保持しながらも、良質な油分でなめらかに整え、髪を芯から補修する「泡パック」は、オーガニック原料にこだわったジョンマスターオーガニックのシャンプーならでは。
今年は、ダメージケアをして梅雨を快適にしたいと思います。
[john masters organics]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。