6月20日はストロベリームーン! 幸運を呼ぶ赤い満月

写真拡大

ストロベリームーン――甘酸っぱくておいしそうな響きですが、イチゴの新品種ではありません。これは、夏至のころにみられる、赤みを帯びた満月のこと。ネーミングは、ネイティブ・アメリカンが季節に応じて満月につけた名前に由来します。今年は6月21日(火)が夏至で、その前日が満月。というわけで、6月20日(月)がストロベリームーンです!
赤く熟した、イチゴのような満月
1年のうちに12回あらわれる満月を、大自然のいとなみの節目と考えていたネイティブ・アメリカン。彼らは、ほぼ一定のサイクルでめぐってくる満月に、身近な動物や季節の収穫物などの名前をつけました。12の満月のうち、6月の満月、もしくは初夏の赤みがかった満月をさすのが「ストロベリームーン」です。
日本では春のイメージが強いイチゴですが、そもそもの旬は初夏。初夏に山へトレッキングに行くと、赤く色づきはじめた野イチゴをよく見かけます。ネイティブ・アメリカンが初夏の恵みであるイチゴと、6月の満月を結びつけたのは、自然の成り行きといえるでしょう。また、イチゴの色と満月の色にも関係があります。というのも、この時季の満月は赤みがかってみえるからです。
どうして赤くみえるのか?
日本を含む北半球では、太陽の高さは夏に高く、冬に低くなります。それとは反対に、満月の高さは夏に低く、冬に高くなります。つまり、1年のうちで太陽の高さ(南中高度)がもっとも高くなる夏至のころの満月は、真南に昇っても低空にいるというわけです。朝日や夕日が赤くみえるように、月も地平線の近くでは赤っぽくみえます。そのため、夏至のころの満月は、一晩中赤みがかってみえるのです。もちろん、当日の天候や大気の状態にもよりますが、赤く熟した満月をみられる可能性は高いので、ぜひとも夜空を見上げたいところです。
みると幸せになれる!?
一説によると、ストロベリームーンをみると、「幸せになれる」「好きな人と結ばれる(結婚できる)」のだとか。そんな言い伝えを知っておくと、夜空に満月をみつけたときの喜びが倍増しそうですね! 6月20日は甘酸っぱい気分で、ストロベリームーンを味わいつくしたいと思います。
image via Shutterstock

あわせて読みたい
68年ぶりの超スーパームーンが出現!? 2016年注目の天体イベント
ロマンチック! 宇宙を旅したお酒でしあわせ気分に浸る
胸キュンしたいならこれ。星好きにはたまらない恋愛映画
ふんわり雲のシートで極上リラックス! 身も心もとろける最新プラネタリウム

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。