ノスタルジックな気分にひたる老舗の蚊とり線香

写真拡大 (全5枚)

以前にくらべて、虫除けアイテムがたくさん誕生してシーンによって使い分けしている人も多いと思います。この夏、わたしがおすすめしたいのが、どこかノスタルジックな気持ちになる「蚊とり線香」です。
老舗メーカーがつくる高品質な蚊とり線香

昭和10年からのロングセラー「夕顔」ブランドの高級ライン「夕顔プレミアム天然蚊とり線香」が新発売されました。手がけているのは、創業106年の老舗メーカーとして紀州・和歌山の地で「蚊とり線香」をつくり続けている「紀陽除虫菊」。

その日の温度や湿度によって原材料の粉末と水を配合するなどMade in Japanの技がこめられ、昔ながらの製法で丁寧につくり続けています。
天然除虫菊を使った無着色、無香料のやさしさ

「夕顔プレミアム天然蚊とり線香」の特徴としては、自然素材の「除虫菊」を使用している点。明治時代より蚊とり線香の原料として使われてきた天然除虫菊が使われています。マーガレットのような花の黄色い子房に含まれる、天然の虫よけ成分ピレトリンを空気中に拡散することで蚊を撃退。自然素材ながら効き目が速く、すぐれた殺虫力もあります。また、見た目や香りに癒されるのも蚊とり線香ならでは。

「夕顔プレミアム天然蚊とり線香」は、除虫菊の粉末、それを固めるタブの木の粉やトウモロコシのでんぷん、和歌山特産のミカンの皮などが配合された自然由来のベージュ色。お香のようなやわらかな香りが、室内に広がります。
スプレーやシールタイプなどいろいろな虫よけがありますが、どれもそれぞれ個人でつけるもの。しかし、蚊とり線香は、家族みんながゆっくりするお部屋に置いてあって時間を一緒にシェアしてくれるような存在。それが、からだに優しいならもっとうれしいですよね。郷愁をさそい、子ども心に戻る感覚も味えますよ。この夏は、進化したプレミアムな蚊とり線香をいかがですか。
[紀陽除虫菊]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。