6月15日(水)

Bonjour! 今日は練習走行と予選1回目、いよいよマシンがサルト・サーキットを走行します。大好きなル・マンが始まると思うと、ワクワクせずにはいられません! 中嶋一貴、小林可夢偉、両選手にもインタビューができそうですが、その前にサーキット内の「お祭り」を見て回ります。

1

サーキットは水曜日にも関わらずお客さんがたくさんいました。予選の日だからかな?と思っていたのですが、現地の方にお話しを伺ってみたら水曜日は学校がお休みなんだそうです(土日も休み)。確かにお子様連れや学生さんが多かったような気がします。

  

イベントエリアでTOYOTA GAZOO Racingブースを発見! ここではコックピット搭乗体験やタイヤ交換など、様々なイベントを体験できます。また、先月開催されたニュルブルクリンク24時間レースに参戦した新型SUVのレースマシン「CH-R」も展示されていました。

まずは、タイヤ交換プログラムに挑戦です! 装着されているタイヤを外し、新しいタイヤを付け替えそのタイムを2人1組で競うという単純なゲームなのですが、いざやってみると超大苦戦でした(汗)。タイヤもガンも想像以上に重い! タイヤを新しいものに付け替えセンターのネジをガンで締め付けるのがとても難しかったです。レース中にこの作業をあっという間にこなしてしまうメカニックさん達は、本当に凄いと思います。

  

コックピット搭乗体験もやってきました! 車両のほぼセンターにドライバーはポジションするので、マシンの横に一旦座ってから身体をくるっと回転させ、コックピットに滑り込みます。いざコックピットに座ってみると、目線が低くフロントガラスも小さいので思っていた以上に視界がよくない印象を受けました。すぐ近くの路面も確認することはできなさそうです。この状態で300km/hを超えるマシンをコントロールするドライバー達ってフツウじゃない!って感じました。

 

こちらの撮影ブースでは、ドライバー達との合成写真を楽しめます。私は全ドライバーと一緒に写れるフレームを選びました。この他にも、自分がドライバーになれるようなフレームもありましたよ。編集長(向かって右です)がチャレンジした結果はこちらでした。インパクトありますよね。皆さんもやってみてくださいね。

何かひとつイベントに挑戦をすると、トヨタのグッズが貰えます。この応援メガネも賞品のひとつ。ルーレットでそのグッズが決まりますが、イチバンの賞品はVIPルームへのパスでした。ぜひ、挑戦してみてください。

 

レースウィーク中、世界中のメディアが各チームのホスピタリティ・ラウンジでドライバーやチーム関係者にインタビューできるタイミング「ミート・ザ・チーム」があります。

私はトヨタのミート・ザ・チームに参加し、中嶋選手と小林選手にインタビューしてきました!

まずは中嶋選手のインタビューから。

-ル・マンは公開車検の日から走行が開始するまで、わりと時間があるかと思いますがどのように過ごしていますか?

「だいたいホテルで携帯みたり、本読んだりしていますね。これまでには暇な日にみんなでテニスに行ったこともありました。」

-テニス良いですね! 食事に行くのも一緒に行かれるんですか?

「基本的にいつも一緒ですけど、バラバラの日もあります。」

-食事はどこで食べているんですか?

「ほぼサーキットですね。あっ、でも昨日はホテルで一昨日は外に食べに行きました。」

-海外に来て食欲は落ちたりしますか?

「おかげさまで落ちないです。ご飯はよほどマズくなければ何でも食べれます(笑)。」

-公開車検の日のトークショーの時、一点をじっと見つめていましたが何か考え事をしていたのですか?

「何も考えてません(笑)。眠かったのでスイッチ・オフにしていました。フランス語分からないですし、話す順番も決まっていたのでそこに集中してました。」

中嶋選手、ありがとうございました! トークショーの時、スイッチオフにしていたとは思いませんでした。そういう切り替えって、ドライバーには必要なんでしょうね。

続いては小林選手のインタビューをお届けします!

-ル・マンは公開車検の日から走行が開始するまで、わりとゆっくりと過ごせるかと思いますがどのように過ごしていますか?

「ホテルで物件見てるか、音楽整理してるか、次の旅行の飛行機とホテルを探したりしています。」

-物件!? それは日本のですか?

「日本もですね。次の商売、何をしようかなって(笑)。」

-(笑)。住まいは探さないんですか?

「住む場所は探さないです。サウナで良いんで!」

-えっ!サウナ?(笑)

「この前のトヨタのイベントでチームがホテルを予約してくれたんですけど、そこをやめて自分でお金払ってサウナに泊まるほどサウナが好きなんです(笑)。」

-公開車検の日のトークショーでずっと携帯で何かを撮影していましたが、何の写真を撮っていたんですか?

「あれは写真じゃなくて、ライブ中継をしていたんです。ペリスコープっていうアプリがあってライブ配信してました。」

-そうだったんですか! ファンの方の反応はどうでしたか?

「3257人の人が視聴してくれました!」

小林選手、ありがとうございました! トークショーで写メを撮ってるかと思ったら、しっかりファンサービスしてたんですね。

さて、練習走行が終わり、いよいよ予選です。ル・マンでは予選は3回行われます。1回目の予選は、こちらの時間で夜の10時からスタートです。こんな時間に予選が始まるのもル・マンならではですね。

気になる予選1回目の結果は以下のようになりました。

LMP1-Hクラス1回目予選結果

順位/車名(No.)/ベストタイム/タイム差
1/PORSCHE 919 HYBRID(2号車)/3:19.733/-
2/PORSCHE 919 HYBRID(1号車)/3:20.203/0.470
3/TOYOTA TS050-HYBRID(6号車)/3.20.737/1.004
4/TOYOTA TS050-HYBRID(5号車)/3:21.903/2.170
5/AUDI R18(8号車)3:22.466/2.733
6/AUDI R18(7号車)3:22.780/3.047

と、チーム別ではポルシェ、トヨタ、アウディの順にはっきりと分かれました。やはりポルシェ、速いようです。アウディよりも上にいますが、調子が出てなかったのかも知れません。アウディの実力をまだまだ出し切っているはずではないでしょう。このわずかとも思える差は24時間戦う上でどう影響するのか、目が離せません。

予選1回目を終了した時点で、中嶋選手と小林選手からコメントが届いています。

■中嶋一貴選手(5号車)
「どちらのセッションも順調だったと思います。昼間の公式練習走行ではロングランで良いペースを刻むことが出来ました。夜の予選ではコース上の混雑が酷く、タイムだけでは判断が難しいセッションでした。今日得られた全てのデータを分析し、改良出来る点を見出したいと思っていますが、全体的には今回のTS050 HYBRIDの状態には満足しています。」

■小林可夢偉選手(6号車)
チームの懸命な努力のおかげで車両はずっと改善されました。今日収集出来た多くのデータは、決勝レースへ向けて役に立ってくれるはずです。私自身は非常に混雑していた夜のセッションでロングランを担当しましたが、今日一日の内容にはとても満足しています。

まだ予選は始まったばかり! 計3回行われる予選のベストタイムを基準に決勝のスターティンググリッドが決まります。予選2回目は6月16日(木)午後7時〜午後9時(日本時間午前2時〜午前4時)、予選3回目は6月16日(木)午後10時〜午前0時(日本時間午前5時〜午前7時)です。どのような結果になるのか、楽しみですね!!

(yuri)

【Bonjour!ルマン女子vol.8】気になる疑問!中嶋一貴、小林可夢偉に聞いた「ドライバーはル・マン ウイークをどう過ごす?」(http://clicccar.com/2016/06/16/378945/)