事実上の「ダブル選挙」に職員が悲鳴 「ないことを祈ってきた」

ざっくり言うと

  • 都知事選が7月の参院選直後に実施され、事実上の「ダブル選挙」となる
  • 膨大な作業量に、都や市区町村の選管職員からは悲鳴の声も聞こえる
  • 港区選管の事務局長は「ないことを祈ってきたが…」とため息をついた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング