Noshユーザーの皆さんが簡単におうちで作れるレシピを管理栄養士の筆者がご紹介する【#おうちごはんレシピ】シリーズ。

第2回弾は、残業後にも、さっと作れる簡単ローカロリーのレシピです。

忙しい女子は仕事も家に帰ってからもやることがたくさん……。特に残業の後はさっと簡単にできるごはんが嬉しいですよね!

そこで今回は“鮭と野菜の和風豆乳シチュー”をご紹介します。お鍋ひとつで簡単に作れて、野菜とたんぱく質を摂ることができるレシピです。

筆者が漢方の先生に聞いたところ、PC作業が多い女性は特に夏でも冷えが深刻とのこと!

そこで今回のレシピでは、漢方でからだを温める食材とむくみをとると言われる食材を取り入れてみました。忙しい女子のために、残業後の疲れた体を、豆乳と和風だしベースのスープで優しくいたわる、あっさりした和風のシチューをお教えします。

 

■鮭と野菜の和風豆乳シチュー(333kcal)


作りやすい2人分の材料となっています(カロリーは1人分で計算しています)。

<材料>

生鮭 2切れ

長ねぎ 1/3本

ごぼう 1/3本

生しいたけ 2枚

にんじん 1/3本

じゃがいも 大1個

酒 大さじ1

白だし 80CC

豆乳(無調整) 400CC

 

<作り方>

1.材料を切る

ごぼうは1cm幅に切り、水にさらしてあくをとります。にんじんとじゃがいもは1口大に切ります。

ねぎは1cm幅に切ります。しいたけは石づきをとって4つに切ります。

2.柔らかくなるまで煮る

鍋にごぼう、じゃがいも、にんじん、しいたけ、豆乳、白だし、酒を入れて火にかけ、野菜が柔らかくなるまで10分ほど煮ます。


豆乳は写真のようにふわ〜っとなって吹きこぼれやすいので、火加減に気をつけて下さい。

 

3.柔らかくなったらできあがり


1口大に切った鮭を加えて色が変わったら、ねぎを加えてねぎが柔らかくなってきたらできあがりです。

 

■スーパーフードだけでは足りない野菜

野菜の1日の目標量は350gですが、20代女性では平均272gと不足しがち。野菜はカリウム、食物繊維、抗酸化ビタミンを多く含んでいます。

「野菜?スーパーフードがあるから大丈夫!」と思っている方は要注意!

野菜を毎日の食事の中で組み合わせて食べることで、1種類の食材だけでは不足する成分を補うことができます。また、漢方では食材を組み合わせることによって体をトラブルから守っているという考え方もあるようです。

1人暮らしで食材を余らせるのに困って、野菜を買わなくなっていませんか? 健康に気をつけていても、限られたスーパーフードやサプリメントだけに頼っていませんか?

新しい健康食材がどんどん増えていますが、色々な野菜を食べることを忘れないでくださいね!(Akane)

【関連記事】

※低カロリーで安心♡きのこの美腸汁そば【#おうちごはんレシピ】

※ 彼氏に作りたい♡冷凍庫におまかせフローズンデザート【#おうちごはんレシピ】

※ 彼氏に作りたい♡簡単長芋のドレッシングサラダ【#おうちごはんレシピ】

※ 彼氏に作りたい♡失敗なしの簡単やみつきカレー【#おうちごはんレシピ】

※ 彼氏に作りたい♡真鯛のカルパッチョ【#おうちごはんレシピ】