INAC神戸、FW川澄奈穂美の退団が決定…移籍先発表は17日に

写真拡大

 プレナスなでしこリーグ所属のINAC神戸レオネッサは16日、FW川澄奈穂美が同クラブを退団すると発表した。移籍先については「先方の都合上、明日発表」をすると併せて伝えられている。

 川澄は1985年生まれの30歳。2008年に日本体育大学からINAC神戸に加入した。加入1年目からリーグ戦出場を果たし、なでしこジャパン(日本女子代表)でもデビューを果たす。2011年には代表初ゴールを挙げ、同年のドイツ・ワールドカップ出場を果たすと、準決勝のスウェーデン女子代表戦で2ゴールを記録するなど、チームの優勝に貢献した。翌2012年のロンドン・オリンピックでも準優勝を果たすなど、なでしこジャパンの主力選手として活躍してきた。

 2014年3月にはシアトル・レインにレンタル移籍で加入。ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のベストイレブンに選出される活躍を見せ、同年9月にINAC神戸へ復帰した。キャリア通算で、なでしこリーグ通算155試合出場60ゴール、国際Aマッチ通算82試合出場20ゴールを記録している。

 INAC神戸の発表によると、川澄が同クラブの一員として活動するのは19日のプレナスなでしこリーグカップ、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦が最後となる。

 退団決定にあたり、川澄は自身のブログ(http://ameblo.jp/nahomi-kawasumi/)を更新。「いつも応援ありがとうございます。この度、突然ですがINAC神戸を退団し、移籍することになりました」と退団を報告し、「移籍先との兼ね合いもあり、移籍先につきましてはまだお話しできず大変申し訳ないですが、詳細につきましては明日9時に発表させていただく予定です」と、移籍先発表が17日になることを明かした。

 そして「明日の練習は通常通り参加致します。移籍前にINACの選手として試合に出場できる機会は19日のジェフ戦が最後になります。最後まで応援よろしくお願い致します」と、ファンにメッセージを寄せている。

https://twitter.com/inac_kobe2001/status/743374908697116672