写真提供:マイナビニュース

写真拡大

川崎重工グループのカワサキモータースジャパンは16日、モーターサイクルの国内販売網の再編を2017年度から行うと発表した。

同社は他社と一線を画した生涯顧客の獲得拡大をめざすブランド戦略を一層推進するため、2017〜2019年度にかけて国内販売モデルのすべてを扱う「カワサキ専門店」と、排気量400ccまでの同社製品を扱う「カワサキ正規取扱店」の2系統の国内販売網を構築する。

これまでの販売網は、同社直営の「カワサキ専門店」と、同社製品と他社製品の両方を扱う「カワサキ正規取扱店」で構成されており、いずれの販売店でもすべてのモデルを扱ってきた。今回の再編では、両者の取扱いモデルを明確にするとともに、「カワサキ専門店」は同社直営以外の販売店も加え、現状の6店舗から120店舗程度に拡大する予定。

近年、国内オートバイ市場における年間販売台数はピーク時の320万台から40万台まで減少しているが、同社が主力としている軽・小型二輪車市場では、ここ数年、緩やかな回復基調にあることから、需要創出に注力していくとのこと。

(木下健児)