夏までに痩せたいなら!ダイエット中「やってはいけない」こと3つ

写真拡大

梅雨が明けると、夏はもうすぐそこ! 薄着になり、肌の露出も多くなるこの季節。1Kgでも2Kgでもいいから、とにかく痩せたい!という気持ちの働き女子も多いのではないでしょうか?

オフィスでこもって働いていても、やっぱり夏の日差しを浴びると、薄着になって外に出たい気持ちも高まりますよね。

働いていると、忙しくて生活も不規則になりがちだし、付き合いなどで外食も多いでしょう。深夜に食事をとることになるかもしれません。確かに、こうしたことはダイエット的にはNGですが、でも、どうしても痩せたい働き女子が多いのも事実です。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外の情報サイト『all women stalk』などを参考に、“痩せたいならやってはいけないこと”3つをご紹介します。

■1:砂糖を多く摂っている

暑くなってくると、デザートにアイスクリームを食べたくなったり、ソーダを飲みたくなったりすることも多いですよね? もしかしたら、デザートではなく、ちょっとしたおやつや、間食にこうしたものを摂りたくなる気持ちも非常に分かるのですが、これダイエット的にはNGです。

意識して欲しいのは、砂糖をできるだけ摂らないようにすることです。

アイスやソーダなどの、あからさまに甘いものは砂糖が含まれていることがハッキリと分かると思いますが、意外にも多くの食品に砂糖が入っていることがあります。

食事制限をするのではなく、砂糖の摂取を控えるようにしてください。こうしたちょっとしたことで、ダイエット効果が見違えるほど変わってきます。

■2:体を動かしていない

通勤時、じつはあまり歩いていないことはないでしょうか? とくに都会は便利ですから、駅直結のオフィスもありますよね。電車を降りたら、エスカレーターやエレベーターに乗って、サッとオフィスに一直線。オフィスではずーっと席に座ったまま。仕事が終わると、またまた家までたいして歩くことなく帰宅。

こんな生活では、痩せるわけがありません。できるだけ階段を使う、席の移動を多くする、一駅手前の駅で降りるなど、日常の生活でも体を動かすことを意識してください。

もちろん、エクササイズをするのが望ましいですが、忙しいみなさんの場合、オフィスでの日常生活で体を動かすようにした方が、長続きもするでしょう。

ポイントは、体をどれだけ動かしたかメモを取っておくこと。これだけでも意識が変わりますよ。

■3:ダイエットの目標がない

夏までに痩せたい場合、どれくらい痩せたいのか? 具体的な目標設定をしてください。

例えば、1カ月後には3kgは痩せたいとか、ウエストを3cmマイナスにしたいとか。具体的であればあるほど良いでしょう。

目標が定まれば、やるべきことが見えてくるからです。ちょっと仕事と似てますよね? みなさんならできるはずです。

まずは目標を明確に。あとは、具体的な計画を作ってやるだけです。

以上、“痩せたいならやってはいけないこと”3つでしたが、いかがでしょうか?

働き女子であっても、こうしたちょっとした工夫をするだけで、痩せられるのです。

夏までには、まだ時間があります。さっそく今日から取り組んでみてください。