NASAが過去最大の宇宙火災実験 Saffire-I に成功。ただし実験時の画像データは受信待ち

写真拡大

NASAが宇宙で過去最大規模の火災実験「Saffire-I」を実施し、成功したと発表しました。将来の宇宙旅行をより安全なものとするための実験で、ISSから帰還する補給船に密閉ボックスを設置し、その中で点火実験が行われました。
40x94cmほどの大きさの密閉ボックスの中身はグラスウールなどで、6月14日にISSを離れた後、地上からのコマンド送信によって点火されました。

実験では、微重力状態で炎がどのように燃え、煙がどう広がるのかを確認します。NASAは実験開始から終了までの間に相当数の画像を撮影したとしているものの、補給機が移動して通信範囲から外れたため記事執筆時点ではまだそれを受信できていません。通信再開は日本時間の夜間になります。

NASAではCygnus補給船を使い、今回と同様の火災実験をあと2回実施する計画です。Saffire-IIでは、5x30cmの物体を用いて、引火する最低限の酸素濃度を調査する予定、またSaffire-IIIでは、今回よりもさらに大きな火災を想定した実験を計画しています。