求む、火星探検家:NASAの「火星の求人広告」ポスターが公開

写真拡大 (全8枚)

NASAがケネディ宇宙センターのヴィジターセンターに飾っていたポスターシリーズ「火星の求人広告」が、誰でも自由にダウンロードできるようなった。ギャラリーで紹介。

SLIDE SHOW 「求む、火星探検家:NASAの「火星の求人広告」ポスターが公開」の写真・リンク付きの記事はこちら

2/8「求む、熟練技術者」
IMAGE COURTESY OF NASA

3/8「ユーザーによる組み立てが一部必要」
IMAGE COURTESY OF NASA

4/8「火星の教師になろう」
IMAGE COURTESY OF NASA

5/8「求む、火星探検家」
IMAGE COURTESY OF NASA

6/8「求む、火星農家」
IMAGE COURTESY OF NASA

7/8「火星衛星で夜勤につこう」
IMAGE COURTESY OF NASA

8/8「求む、火星探検家」
IMAGE COURTESY OF NASA

Prev Next

暖炉やベッド、またはイグアナを飼うケースの上に飾るのにふさわしいアート作品を見つけるのは難しい。「ここはおしゃれな場所!」と主張しながら、同時に気品や洗練さを醸し出す作品が好ましいだろう。

NASAには、ぴったりの作品がある。「火星の求人広告」ポスターだ。

農業や調査を行う宇宙飛行士、ものを組み立てる宇宙飛行士、さらには夜勤で働く宇宙飛行士などが描かれている。

これらはもともと、フロリダ州ケネディ宇宙センター内の一般に公開されている建物「ヴィジター・コンプレックス」に飾るため、NASAが2009年に制作を発注したポスターである。しかしいま、誰でもダウンロード・印刷ができるようにオンラインで公開された。

ポスターを印刷して家に飾ったら、その写真をTwitterNASAのFacebookアカウントに送ってみよう。NASAのソーシャルメディアチームが挨拶してくれるかもしれない。