13日、中国四川省内江市の市場で、人ごみの中を乗用車が無理やり走行したことで、1人が死亡、7人が負傷する事態に発展した。

写真拡大

2016年6月13日午前7時すぎ(現地時間=以下同)、中国四川省内江市の市場で、人ごみの中を乗用車が無理やり走行したことで、1人が死亡、7人が負傷する事態に発展した。澎湃新聞網が伝えた。

動画では、乗用車が人をひいても止まることなく無理やり道路に出る場面が映っている。タイヤに挟まった人は数メートル引きずられ、道路に横たわり起き上がることができないほどのけがを負った。

同日午後には内江市の地元警察が公式ミニブログで詳細を発表し、車を運転していたのは同市に住む女性(42)で、検査の結果アルコール反応と薬物反応は検出されなかったという。市民からは「女性がハイヒールを履いていて、靴がアクセルに挟まったため止まることができなかった」との声が聞かれているが、警察は詳しい原因は調査中であると回答した。(翻訳・編集/内山)