「UMAMI BURGER」のUMAMIは、日本語の旨みに由来

写真拡大

ロサンゼルス生まれで、現在アメリカに24 店舗を展開するハンバーガーレストラン「UMAMI BURGER(ウマミバーガー)」が、2016年秋冬、日本にやってきます。日本進出第1号店は、関東圏にオープン予定。その後、2020年までに全国に10店舗の展開を計画しているそうです。

「UMAMI BURGER」のUMAMIは、日本語の"旨み"に由来しています。

「史上、最も影響力のある17のバーガー」

創業者であるアダム・フライシュマン氏が旨みを最大限に引き出す調理法を確立し作られたハンバーガーであることから名付けられました。

おいしさはアメリカのグルメさんもお墨付き。米国版GQの「2010年のベストバーガーオブザイヤー」や、タイム誌の「史上、最も影響力のある17のバーガー」などに選出されています。

こだわりの"旨み"を引き出す調理法を聞きました。

旨みが多く含まれる食材(牛肉、チーズ、トマト、マッシュルーム)を使い、ローストやスチーム等などで、食材の旨みを最大限に引き出しています。牛肉には、昆布や醤油、ホイセン、干しキノコなどを調合して作られたオリジナルの「UMAMMI マスターソース」と「UMAMI ダスト」が使われているそうです。

パテは、アメリカ産ブランド牛を使用。ハイエンドのステーキハウスで出されているような良質なものを各店舗で毎日独自のブレンド肉を粗挽きにし、手捏ねしています。基本の焼き加減はミディアムレアですが、お客の好みによって焼き加減も対応してくれるそうです。※すべて予定

アメリカでは、出店地域限定バーガーも人気で、日本でも店舗ごとに限定バーガーを予定しているそう。出店地域の特産物を活用するそうなので、こちらも楽しみです。

UMAMI BURGER.incの創業者である、アダム・フライシュマン氏は、すべてのルーツであるのは日本だと話します。

「『UMAMI BURGER』は、日本の科学者が提唱した第5の味覚である『旨み』に着目し、各食材の旨みを最大限引き出す調理法を取り入れたハンバーガーです。またレストランのデザインやサービスは、日本の文化を取り入れています。今回、UMAMIのルーツである日本に戻れることを大変嬉しく思います」