16日、中国本土初となる上海ディズニーランドが開園し、中国の習近平国家主席とオバマ米大統領がそれぞれ祝辞を寄せた。

写真拡大

2016年6月16日、中国本土初となる上海ディズニーランドが開園し、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とオバマ米大統領がそれぞれ祝辞を寄せた。鳳凰網が伝えた。

開園に先立ち開かれた式典に出席した中国の汪洋(ワン・ヤン)副首相が習主席の祝辞を代読した。習主席は「上海ディズニーランドの開園が中国と米国の文化交流を促し、両国関係を近づける」と期待を込めた。

米ウォルト・ディズニーのアイガー最高経営責任者(CEO)もオバマ大統領の祝辞を代読し、「上海ディズニーランドは中国と西洋の文化の融合を体現したものだ。開園が米中双方に利益をもたらすことを期待している」と宣言した。

小雨が降りしきるなか行われた式典で、汪副首相は「中国の文化では水は財を意味する。上海ディズニーランドは多くの人民元と米ドルをもたらすだろう」とあいさつした。(翻訳・編集/柳川)