炭火で化ける! 意外なバーベキュー食材7

写真拡大

「炭火で、焼く」

【写真】超簡単にホクホク、ジューシー! BBQ焼くだけグルメ

究極にシンプルな調理法ですが、食材がたまらなく美味しくなります。

炭火の最大の特長は、遠赤外線。表面はカリッとしつつも中までしっかり火を通し、風味や香りが損なわれにくい、優れた性質があります。

BBQで、お肉や野菜が、ホットプレートやフライパンとはまったく違った次元で美味しく焼き上がるのは、みなさんもご存知ですよね。

でも炭火の実力は、これだけに止まりません。定番のお肉や野菜以外で、炭火で焼くと絶品グルメに化ける「ただ焼くだけ」の超簡単アウトドアレシピを7つ紹介します。

1. 焼き魚(サバ、ホッケ、ししゃも等)

BBQと言えば、肉&野菜。

でも、少し頭を切りかえて、焼き魚に挑戦してみてください。

個人的には、脂がのった鯖(サバ)が好きですが、ホッケや、ししゃも、鯵(アジ)など、大抵の魚は、美味しく焼き上がります。

炭にしっかり着火できていて火力が充分であれば、表面は一瞬でカラッとなり、また魚自体から出る脂のお陰で、網にくっつきません(身が軟らかい魚は除く)。

炭火の特長である、遠赤外線で、瞬時に中までしっかり火が通ります。

焼き上がった魚を口に運ぶと、炭火焼きの香ばしさと、ジューシーな魚の旨味があわさり、「外で食べる焼き魚って、こんなに美味しいんだ!」と驚かずにはいられませんよ!?

2. 餅の炭火焼き

BBQの網でお餅なんか焼いたら、網にくっついてしまって大変!と、思った方、いるのではないでしょうか。

自宅のオーブントースターで焼くと、くっついてしまって仕方がない “お餅” ですが、炭火で焼くと、網にくっつくことなく焼き上がります。

何度でも言いますが、表面はカリッと焼き上がりつつも、中までしっかり火が通るのが、炭火の特長。

炭火で焼くと、香ばしく焼き上がったパリパリの表皮をやぶり、中からぷくーっとお餅が膨れあがってきます。

火が強すぎると、表面だけが真っ黒焦げになってしまうケースもあるので、やや遠火を意識してください。

アウトドアで頬ばる、餅の美味しさといったら、たまりません!!

お肉や野菜をあんまり食べてくれない子でも、焼きたてのお餅なら、先を争うように食べてくれるケースも、少なくありません。

3. にらまんじゅう

もちもちとした皮に包まれた、ジューシーな肉餡が特徴のにらまんじゅう。

こんなものも炭火で焼くと、とても美味しくなります。

お餅よりももっと焦げやすいので、炭の火勢が弱まってくる終盤にじっくり焼くのがおすすめ。

カリカリに焼き上がった、にらまんじゅうにかぶりつくと、中から熱々の肉汁がしたたり落ちてきます。

子どもはあまり食べないかもしれませんが(と言っても、餃子の味に近いので、好きな子は食べそうです)、大人にとっては、ビールが進む最高のおつまみの1つです。

4. 厚揚げの炭火焼き

厚揚げも、炭火の真価が発揮できる食材の1つです。

まるで揚げたてのように、表面がカリカリに。

分厚い厚揚げですが、遠赤外線のおかげで中まで熱々になります。

これに醤油をたらし、葉ネギを散らし、すり下ろした生姜を添えたりするとご馳走の完成です。

香ばしさと、薬味の風味の相乗効果がたまりません。

豆腐や練り物系の食材は相性が良い場合が多く、いろいろ試してみると面白いです。

静岡県で撮影を行ったので、ちょうどスーパーで売っていた焼津名産の黒はんぺんも焼いてみると、これも絶品。

油揚げ、さつま揚げなども美味しいです。

5. 焼き芋

炭火の遠赤外線でじっくり焼くと、甘くトロトロな焼き芋が完成します。

作り方は、シンプル。

アルミホイルで覆って、焼き網の上に乗せるだけです。

定期的にひっくり返しながら、30分以上じっくり焼いていきます。

時短したいときは、炭の中に突っ込んでしまいましょう。

この場合、火力が強すぎるので、新聞紙で包んで濡らしその上からアルミホイルで覆います。

炭の上にさつまいもを置き、さらに上にも炭を乗せ、上下火で一気に焼いていきましょう。

焼き芋は、もちろん子どもにも人気です。

自分のさつまいもを自分で洗って、自分でアルミホイルに包んで……とやると、よけいに美味しく感じるみたいですよ。

また、夏はとうもろこしもいいですね。

皮付きのまま、網の上で焼けます(アルミホイル不要)。

6. トースト

炭火でパンが焼けます。

食パンを焼いて、トーストに。

直売所で買った新鮮野菜やハム、チーズなんかを挟めば、トーストサンドの完成。

フランスパンやバゲット類も、とても美味しくなります。

薄切りにして、カリカリ&熱々に焼き上げて、クリームチーズやバター(アウトドアでは「チューブでバター」が便利)をのせる。

子どもに大人気なのも、ポイントが高いです。

美味しさもさることながら「自分の分は、自分で焼いて食べる」のが、おもしろいのかもしれませんね。

なお、パンの焦げやすさは最高レベル。

ぼけっとしていると、あっという間に真っ黒焦げになってしまうので、注意してください。

7. 焼きおにぎり

アウトドアの最高のご馳走の一つ、焼きおにぎり。

レシピは様々にありますが、美味しい焼きおにぎりを作るコツは大きく3つ。

風味の豊かな食材、調味料を使う 歯ごたえのいい食材を使う 味付けは濃いめを意識する

まず、風味の豊かな具材や調味料を使うと、カリカリに焼き上げたときにグッと美味しさが増します。

しらす、胡麻、おかか、大葉、葉ネギ、ごま油、味噌、醤油、バター等々を、好みでピックアップしましょう。

次に、食感に変化が出るように工夫できるとなお良いです。

焼きおにぎりは、焼き上げた表面はカリカリですが、中は普通のおにぎりと変わりません。

ここに、ちりめんじゃこだったり桜エビだったり胡麻だったりが入ると、アクセントになります。

最後に、味付けは濃いめを意識すると美味しくできあがります。

通常のおにぎりも、けっこうしっかり塩を使わなければ味がしませんよね。

ただのおにぎりであれば、鮭やおかか等の具材が入っているので薄味でもいいのですが、焼おにぎりの場合は、お米そのものにもしっかり味を付けたほうが良いケースが多いです。

ダシの粉末や煮干し粉など、旨味成分を入れるのも効果的です。

レシピ1:しらすと大葉の焼きおにぎり

材料:しらす、大葉、かつおぶし、醤油、ごま油

具材と調味料は、あらかじめ混ぜ込んでしまいます。

焼きながらタレを塗ろうとすると、表面だけにしか味が付かないケースが大半なので、にぎる前に味付けも済ませてしまいましょう。

コツは、具材をたっぷり、味付けをしっかり。

ちょっと多すぎるかな?というくらいのほうが、良い結果が出ると思います。

レシピ2:唐辛子味噌と葉ネギの焼きおにぎり

材料:唐辛子味噌、葉ネギ

ピリ辛の唐辛子味噌を使った、大人向けのレシピです。(もちろん、通常の味噌を使えば、子どもも食べられます)

唐辛子味噌は、郷土の特産加工品として売っているケースが多く、今回は寸又峡「手造りの店さとう」の「青唐がらし味噌」を使いました。

“これだけでご飯3杯はいける” くらいの絶品味噌なので、最高の焼おにぎりになりますよ。

おまけ:しいたけは切らないで焼くって知ってた?

BBQの定番のしいたけですが、実は焼き方次第でご馳走に化けます。

通常しいたけの石づきはカットしてしまうと思いますが、これは即刻やめましょう。

なにもせずに丸ごと網の上へ。

ポイントは置き方。笠を逆さまに、軸や石づきが上を向くように置きます。

しばらくすると、笠の内側に汗を掻いたように水分がしみ出してきます。

塩を少々。

あとは、水分をこぼさないように上を向いて、丸ごとパクリ。

石づきもかたくなっている先端を除けば、美味しく食べられます。

騙されたと思って試してみてください。

しいたけが苦手だった人が「しいたけの概念が変わった!」と驚くケースもあるんですよ。