写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Appleは6月14日(米国時間)、「Next Steps for Legacy Plug-ins|WebKit」において、今秋のリリースが予定されているmacOS 10.12 Sierraと共にリリースが予定されているSafari 10で、デフォルトでは古いプラグインを使わない挙動に変更すると発表した。古いプラグインはユーザーが使用を許可すれば、そのサイトで利用できるようになる。この挙動変更の対象となる主なプラグインはFlash Playerとされており、Appleでは開発者に対して開発版のSafariで挙動変更などを確認するように呼びかけている。

HTML5やCSS3、JavaScript2およびこれらに関連するWeb技術の仕様策定と実装の普及によって、これまでプラグインが担ってきたコンテンツをWeb技術のみで実現できるようになっている。多くのサイトがプラグインを使った実装からこうしたWeb技術を使った実装への置き換えを進めている。

今回Appleが発表した挙動はすでにほかの主要ブラウザが実装しているもの。特にFlash Playerは頻繁に脆弱性が発見されるため、マルウェアの感染などに利用されることが多い。また、ブラウザをクラッシュさせる原因としても知られており、Flash Playerの利用を停止して、代わりにWeb技術を利用するように主要ブラウザベンダーやプロジェクトでは呼びかけを続けている。今回、Appleも同様の方針を打ち出したことで、さらにWeb技術への移行が進むと見られる。

(後藤大地)