16日、環球網によると、シンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道建設をめぐり、中国、日本に続き韓国も訪問団を派遣して受注獲得をアピールした。写真は韓国高速鉄道。

写真拡大

2016年6月16日、環球網によると、シンガポールとクアラルンプール(マレーシア)を結ぶ高速鉄道建設をめぐり、中国、日本に続き韓国も訪問団を派遣して受注獲得をアピールした。

韓国国土交通部の姜鎬人(カン・ホイン)長官率いる訪問団がマレーシアを訪れたのは今月14日。姜長官は現地で開いた記者会見で「高速鉄道の技術やサービスにおいて日本などに出遅れたが、韓国の運営コストは日本の新幹線より低い」と述べ、「全体的にはフランスより35%安く抑えられる」と説明した。

このほか、「KTX(韓国高速鉄道)は2004年4月に運行を始めた。われわれは非常に豊富な経験を持っている」とも主張。「韓国の技術はフランスから導入したものだが、この約10年で自分たちの技術を持つことに成功した」「韓国が受注を目指す上で最大の強みとするのは安全性。KTXの国際鉄道連合(UIC)の安全指数は0.073で世界1位となった」などと売り込みを図った。

姜長官はライバルとなる日中について「中国の状況は把握していないが、日本よりは高い競争力を持っている」と述べたが、受注獲得の勝算に関しては「目的は巨額の商業利益を得ることではなく、相互利益を得ること」とだけ答えた。(翻訳・編集/野谷)