左から木村佳乃、吉田羊、黒木瞳

写真拡大

桂望実のベストセラー小説を原作に、黒木瞳が初めて映画監督に挑戦した『嫌な女』 。この映画の完成披露プレミア試写会が6月15日に丸の内ピカデリーで行われ、黒木とW主演をつとめた吉田羊、木村佳乃が登壇した。

黒木瞳が初監督、吉田羊と木村佳乃W主演の『嫌な女』予告編が解禁!

本作は、男をその気にさせる天才で、彼女との未来を夢見た男は、いつの間にか自らお金を出してしまう小谷夏子と、そんな生来の詐欺師の夏子がトラブルを起こすたび、解決に引っ張りだされる堅物弁護士の石田徹子という、対照的な2人の女性の人生を鮮やかに描き出した作品。

これが初主演映画で、弁護士の石田役を演じた吉田は「今回、私は初主演させていただいておりますが、主演というにはあまりにも未熟で。でも、瞳監督と佳乃ちゃんに手を引っ張ってもらって、何とかゴールができました」と挨拶。

男にお金を出させることに関しては天才の小谷役に扮した木村は「詰めの甘い詐欺師・夏子を演じさせていただきました木村佳乃でございます」と挨拶。「大先輩で、第一線で輝かれている瞳さんにお芝居をつけていただき、緊張の日々ではございましたが、こういった機会をいただけて幸運だなと感じております」と話した。

また黒木は、何が初監督へと駆り立てたのかと聞かれ、「やっぱりこの映画を作品として見ていただいて、笑顔になっていただけるお客様がいることだと思います。それを信じてきました」と回答。「撮影中は女優2人に女優魂というか根性を感じて、その真摯な姿に背中を押していただき、本当にお2人には感謝の言葉しかありません」と話すと、今度は2人に「撮影中に一番しんどかったことは何でした?」と質問。

吉田は「台本を読んで一番これが山場になるだろうなと思ったシーンが撮影初日のファーストシーンだったことです」と回答。黒木から「女優は体力あるうちに大事なシーンを撮っておいたほうがよいと思いまして…」と言われると、「でも、あのシーンを乗り越えたからこそ、1ヵ月を乗り切れたような気がします。瞳さんの計画勝ちだなと思いました」と話した。

一方の木村は「佐々木希ちゃんと1人の男性を取り合うのですが、希ちゃんが出てきた瞬間に『これは取られるだろ!』って、精神的にしんどかったです(笑)。とっても可愛いんですよ、希ちゃんが!」と答えていた。

さらに司会から「ほかのシーンで上手くいった、通じ合えたと思ったところは?」と尋ねられると、吉田は「佳乃ちゃんとバトルするところで、佳乃ちゃんが私を叩くシーンがあるんですけど、本当に叩くのがうまいんですよ! 叩き慣れてるなって(笑)。私がフリじゃなく、本当に叩いてと言ったんですけど」とコメント。

これに木村は「本気で当ててと言われたので叩かせていただいたんです。でも、叩いた後の振り向いた羊ちゃんの顔が怖くて(笑)」と暴露。吉田は「カッと力が入ってしまいました(笑)。でもあれは相乗効果というか、本当にうまくいったなと思いました」と述べ、黒木は「このシーンは見て『やった!』と思いました。本当に激しいシーンなのに何度も何度もやっていただいたんです」と話していた。

『嫌な女』は6月25日より全国公開となる。

【関連記事】
黒木瞳が映画監督に初挑戦! 8月1日のクランクイン前に今は極度の緊張状態!?
黒木瞳の初監督作で吉田羊と木村佳乃がW主演。現在撮影中!
[動画]黒木瞳が初監督!吉田羊と木村佳乃のW主演で贈る映画『嫌な女』予告編
[動画]吉田羊から「言葉が豊か」と褒められた又吉、言葉に詰まって苦笑い