第116回全米オープン(6月16日〜19日)が始まる。今大会に日本人選手は、松山英樹(24歳)をはじめ、谷口徹(48歳)、谷原秀人(37歳)、宮里優作(35歳)、池田勇太(30歳)の5名が出場する。

 会場は、ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外にあるオークモントCC(7219ヤード、パー70)。「ザ・モンスター」と呼ばれるほど、ダイナミックで手強いコースである。

 同コースで開催されるのは、2007年大会以来、9回目となる。過去8回はいずれも、記憶に残る名勝負ばかりだ。

 なかでも1962年大会は、当時"アメリカン・ヒーロー"だったアーノルド・パーマー(アメリカ)に、プロに転向したてのジャック・ニクラウス(アメリカ)が真っ向勝負。最終的には、プレーオフまでもつれ込んだ白熱した戦いをニクラウスが制して、初優勝を飾った。

 ちなみに、その頃のニクラウスはやや太っていて、GIカット(角刈りのショートヘア)というヘアスタイル。その風貌と、ヒーロー相手にも動じない強さから、パーマーを破った"ヒール"といった存在となってしまった。

 また、1973年大会では、当時「ヤング・ライオンズ(※)」と呼ばれた若き精鋭たちのひとり、ジョニー・ミラー(アメリカ)が最終日に爆発。「63」という驚異のスコアをたたき出して、大逆転優勝を飾った。
※トム・ワトソンやトム・カイトら、その時代を彩った若手プレーヤーたちの総称。「帝王」ニクラウスに続く存在として、絶大な人気を誇っていた。

 その後、1994年大会ではアーニー・エルス(南アフリカ)がメジャー初優勝。2007年大会では、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)が南米出身の選手として初の全米オープン制覇を果たした。

 こうした歴史に残る激闘の舞台となったこのコースの名物は、「教会の椅子」と呼ばれる巨大なバンカー。3番ホールと4番ホールの左サイドのフェアウェーにあって、そのバンカーの中に、ちょうど教会の椅子のように連なっているラフがあることから、そう名付けられた。同様のバンカーは、15番ホールにもある。

 もちろん、それらバンカーに限らず、アップダウンの激しいコース全体の難易度は高い。そして、全米オープン特有の、長いラフ、高速グリーンが選手たちを苦しめる。

「メジャー仕様のコースセッティングは、ワザ封じの難しさではなく、さまざまなワザを駆使しなければ、攻略できない難しさがある。それに加えて、攻める勇気、ひるまない決断と自信が求められる」

 そう語ったのは、1980年全米オープンでニクラウスと死闘を繰り広げて2位になった青木功である。

 そして今大会は、「全米オープン史上、最も難しいのではないか」という前評判である。というのも、コースの改造を重ね、全米プロゴルフ協会が、叡智(えいち)を尽くすセッティングを施しているからだ。そこを攻略するには、まさに青木の言葉どおり、技量と勇気と自信と判断力がカギとなる。

 さて、注目されるのは、松山である。今季メジャー第1弾のマスターズ(4月7日〜10日/ジョージア州)では優勝争いに加わりながら、最終日前半に崩れて7位に終わった。はたしてメジャー第2弾の全米オープンでは、優勝のチャンスはあるのだろうか。

 大会直前のパワーランキング(PGAツアー公式サイトの優勝予想)で、松山は11位となっている。これは、優勝の可能性が十分にあるということだ。

 それについ先日、ニクラウスが大会ホストを務めるザ・メモリアルトーナメント(6月2日〜5日/オハイオ州)の際に、面白いことを言っていた。それは、1960年代、ニクラウス、パーマー、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)が「ビッグ3」と呼ばれていたことと重ね合わせて、ある記者が「ジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)、ロリー・マキロイ(27歳/北アイルランド)、ジェイソン・デイ(28歳/オーストラリア)が、現在の"ビッグ3"と呼べるのではないか」と質問し、それに対するニクラウスの答えだった。

 彼は、こう言った。

「いや、松山やバッバ・ワトソン(37歳/アメリカ)、リッキー・ファウラー(27歳/アメリカ)もいるじゃないか」

 まさしく、そのとおりだと思う。

 松山にとって、今年のマスターズは"悔しさ"ばかりが残る闘いだった。それは、自分が優勝に届くだけの技量を体にしみ込ませているにもかかわらず、そのすべてを発揮できなかったからだ。

 松山は今季、試合ごとに出されるパワーランキングにおいて、常に上位に名を連ねている。それは、単純な評価ではなく、あらゆるデータを分析した結果から出された評価である。つまり、(いつでも勝てる)実力が備わっているということだ。

 あえて言えば、松山の"死角"は、自分に対する信頼、自信のなさ。逆に言えば、メジャーを制すためには、それらをもっと強く持つことだと思う。

 持ちうるワザを駆使しなければ、攻略できないオークモントのコース。最後に後押しするのは、青木の言葉どおり、自信と信頼と勇気である。

三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho