月面探査ロボットの操縦体験ができるプログラムをJAXA共催の親子向け宇宙科学イベントで実施

写真拡大

Googleの月面探査レースに挑戦中の au×HAKUTO MOON CHALLENGEが、探査ロボット『ローバー』を操縦体験できる特別プログラムを開催します。

同プログラムは、ディスカバリーチャンネルと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共催する親子向け宇宙科学イベント『ディスカバリーチャンネル科学実験館〜コズミックカレッジ〜』内で実施。6月から9月にかけて、福岡、東京、札幌、名古屋、大阪の5都市6大学のキャンパスでイベントが開催されます。参加費はいずれも無料。『ディスカバリーチャンネル科学実験館〜コズミックカレッジ〜』は、ディスカバリーチャンネルの映像やJAXA監修による実験教室など,宇宙について楽しく学べる6つのプログラムが用意された宇宙科学イベント。2009年の開始以来、全国で3万5000名以上の親子が参加する夏の一大イベントとなっています。

そのイベントに今年はauとHAKUTOが参加し、「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」特別プログラムとして、『ローバー投入、通信せよ!』というステージを実施。現在開発中のローバーの操縦シミュレーションを体験できるとしています。

イベントに参加できるのは、小学3年生〜6年生までの子供とその保護者1組4名までで、同イベントのWebサイトより応募可能。開催日程は以下の通りです。

なお、6月26日開催の九州大学のイベントでは、既に応募受付を終了しています。