「酸っぱいニオイ」「納豆みたい」と言われる足のニオイ。夏は1年の中でも特に気になる季節ですよね。この足のニオイの原因は、「イソ吉草酸」。これは靴の中で足が蒸れ、エクリン腺という汗腺から出た汗や垢が雑菌・バクテリアによって分解されることで生まれる物質のこと。これがあの不快なニオイを発生させているのです。


夏の足の臭いレベルは、チーズと同レベル?

一般的に不快な臭いレベルは400〜500といわれているのに対し、チーズは500〜600、納豆は600〜700、そして蒸れて「イソ吉草酸」が発生した足のニオイは400〜500。納豆まではいかないにしても、実際にかなりのニオイを発生させているようです。


その生活習慣を見直すべき! 足を「プーン」とさせてしまうNG行為

この嫌なニオイを発生させている原因は何なのでしょうか? 知らずしらずのうちに臭いニオイをつくってしまっているとしたら? 以下の3つのNG行為、要注意です!


靴の選び方が誤っている?

足は季節を問わず、毎日コップ1杯の汗をかくといわれています。それにも関わらず、通気性の悪いレザーやビニール、ゴム素材の靴を履けば、当然、靴の中で足が蒸れ、あの嫌なニオイが発生しやすくなるのです。

サイズの合わない靴を履くのもまた、足を緊張させ、汗などの老廃物を過剰に分泌させてニオイを誘発する原因になるので要注意。


通気性・吸湿性の悪い靴下を履く

ナイロンやポリエステルといった通気性・吸湿性の悪い素材の靴下も蒸れやすく臭いを発生させる原因。オフィス仕様のストッキング☓パンプスや、ビジネス用靴下☓革靴は足のニオイ的には最悪の組み合わせ!
靴は変えられなくても、せめて靴下の素材だけでも吟味したほうが良さそうです。


お手入れが足りていない

足の洗い方が不十分だと古い皮脂や角質汚れ、雑菌などが残り繁殖してニオイを発生させてしまいます。通常よりも汗量の増える夏は特にしっかり洗わないといけません!


その日のニオイはその日のうちに! かんたん重曹フットバス

エクリン腺から出てきた汗自体にはニオイはないので、足の雑菌を減らすことさえできれば、イソ吉草酸は発生しません。つまり、毎日のケアでしっかり殺菌できていれば良いわけです。

消臭機能をもたせた市販のケア製品を使用するのが手軽ですが、お家にあるモノでつくってみる手も。こちらの方法にTRY!


重曹フットバスのつくり方

\个韻鵑濃悗慮圓篦泙隆屬泙巴寧に洗う。
∨△篝个韻鵐スが残らないよう丁寧にすすぐ。
洗面器にお湯を張り、食用の重曹を大さじ2〜3杯入れて溶かし足浴する。
10〜20分ほど浸けたら、しっかり水気を拭き取り乾燥させる。


お座敷での会食やお友達のお家にお呼ばれしたときなど、外出先で靴を脱ぐシーンは案外多いもの。汗量の増える夏はいつも以上に気を配って、いつ靴を脱いでもOKな女子力の高い足元をキープしましょう!


(文・坂井七緒美)


参考文献
足が臭い原因はコレ??? 原因を知って防ごう!(肌らぶ)
hadalove.jp

足が納豆の臭い!? その原因と対策は(足の臭い解消ラボ)
ashi-nioi.com