実は料理が苦手だった?小林麻央の良妻賢母なエピソードまとめ

写真拡大

歌舞伎役者・市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんが、乳がんを患い治療中であることが発表されました。麻央さんと言えば、知的で清楚なたたずまいや、優しそうな笑顔が印象的なだけに、ショックを受けた人も多いのではないでしょうか。

ここでは、「梨園の妻」としての小林麻央さんのエピソードを集めてみました。(トップ画像:ライブドアニュース より)

◆女子大生タレントからキャスターの道へ

小林麻央さんは1982年生まれ、新潟県の出身です。お姉さんはフリーアナウンサーとして知名度の高い小林麻耶さん。上智大学在学中には、お姉さんに続いて有名なトーク番組「恋のから騒ぎ」に出演されていました。それをきっかけに「人前でキレイに話してみたい、いろんな人に会いたい」という夢を持つようになり、アナウンススクールに通い始めたのだそう。

その後、お天気お姉さんを経て女優やキャスターとして活躍。「NEWS ZERO」でのインタビューで知り合った海老蔵さんと交際を開始、2010年にめでたくゴールインされました。挙式・披露宴の様子はテレビでも大々的に放送されたので、美しいウェディングドレス姿をいまだに覚えている人も多いはず。

◆苦手な料理を習いに行ったのは……

才色兼備に見える麻央さんですが、初めはあまり料理が得意ではなかったそう。さらに海老蔵さんは完全なるベジタリアンだったこともあり、麻央さんはお弁当に何を作るか試行錯誤されたのだとか。料理教室に通ったり、義理の母親に直接教えてもらうなどして料理の腕を上げていったようです。

梨園の妻となれば、ただでさえ夫の実家との付き合いは大変そうですよね。にも関わらず、夫のために積極的に飛び込んでいく姿はとても素敵です。海老蔵さんのお父さんである十二代目・市川團十郎さんも、そんな麻央さんを「仏様のような優しい笑顔で」見守っていたそう。

参考:まおブログ4 思い出|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba

Japan kimono detail

◆妻として、いつも夫を献身的に支える

名家の歌舞伎役者ともなれば、稽古や巡業といったハードスケジュールで家に帰れない日もしばしば。そんなとき、麻央さんはお子さんの写真をこまめに海老蔵さんへ送っているのだそう。子どもの笑顔を見れば、一日の疲れも吹き飛びそう!何よりの薬ですね。

また、海老蔵さんはブログの更新頻度が非常に高いことでも知られています。2016年1〜5月だけを見ても、少ないときで月に606本、多くて745本もの更新が。海老蔵さんが忙しくて更新できないときには、麻央さんが「まおブログ」と称して代筆しています。麻央さんならではの視点でつづられたブログからは、海老蔵さんの素顔や仲の良い家族の雰囲気が伝わってきます。

参考:まおブログ|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba

もちろん公演中には、海老蔵さんの妻としてのお仕事もこなします。開演前・終演後にはごあいさつ回りにお見送り。お祝いをくださった方への対応や、他の奥様方との付き合いもあるでしょう。演目や季節をよく知り、ふさわしい着物選びも重要になってきます。想像しただけでめまいがするような世界ですが、そんな麻央さんの支えあってこその海老蔵さんなのでしょうね。

参考:まおきた|ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba

美人で教養もある小林麻央さんですが、一般家庭から歌舞伎のお家に嫁いだ苦労は計り知れないものがあったはず。それをおくびにも出さず、夫を支えて子育てをしていると思うと、頭が下がる気持ちになりますね。

そんな女性だからこそ、かつてはプレイボーイと呼ばれた海老蔵さんも子煩悩なパパになったのかもしれません。一刻も早く病に打ち勝って、また優しい笑顔を見せてほしいものですね。