Perkins+Willの「21世紀の病院デザイン」:美しい病院は、人も社会も健康にする

写真拡大

効率や経済性だけを求めてきた20世紀型の病院は、人も環境も「不健康」にしてきたと、建築デザインファーム「Perkins+Will」のロビン・グエンサーは言う。彼らが思考する、人も社会も健康になる「21世紀のヘルスケアデザイン」とは。(『WIRED』 VOL.22より転載)

SLIDE SHOW 「Perkins+Willの「21世紀の病院デザイン」:美しい病院は、人も社会も健康にする」の写真・リンク付きの記事はこちら
discovery02

2/11エネルギーには太陽熱や地熱が活用され、家具には有害物質を含まないものが使われている。建築の力で人と環境の双方を健康にするという、Perkins+Willの思想を表す作品。
PHOTOGRAPH BY DAVID ALLEE

spaulding01

3/11Spaulding Rehabilitation Hospital|Charlestown, Massachusetts
病院を人と人、人と自然をつなぐ場所とするべく設計されたリハビリ専用施設。1階フロアのほとんどはコミュニティスペースとして開放されている。
PHOTOGRAPH BY ANTON GRASSL / ESTO

spaulding02

4/11建物の外観は四方すべてを“正面”とみなすようにデザインされている。
PHOTOGRAPH BY ANTON GRASSL / ESTO

spaulding03

5/11床が地面に対して30cm高くつくられているのは、隣接するボストン港湾の増水・氾濫に備えるための防災デザインだ。常にコミュニティを支える場所として機能する、病院の新たな姿を提案している。
PHOTOGRAPH BY ANTON GRASSL / ESTO

rush01

6/11Rush University Medical Center|Chicago, Illinois
1837年設立の歴史ある病院をリニューアル。「シカゴの新しい街の象徴」といわれる存在に生まれ変わらせた。
PHOTOGRAPH BY STEVE HALL|HEDRICH BLESSING

rush02

7/11ロビー中央のガラスで囲まれた中庭が屋内に日光を取りこむ機能を果たすため、院内では一日の移ろいを常に感じ取ることができる。吹き抜けになった中庭の、まだ植えられて間もない木々の緑が、見る人の気持ちを和ませてくれる。
PHOTOGRAPH BY JAMES STEINKAMP PHOTOGRAPHY

rush03

8/11建物が星型をしているため、300以上ある病室すべてから外の景色にふれられる。
PHOTOGRAPH BY JAMES STEINKAMP PHOTOGRAPHY

columbia01

9/11ColumbiaDoctors Midtown Columbia University Medical Center|New York, New York
マンハッタンの中心に建つ総合病院では、すべてのデザインが「患者のユーザーエクスペリエンス」の向上につながっている。これからの都市型病院のモデルとなる事例だ。
PHOTOGRAPH BY HALKIN MASON PHOTOGRAPHY

columbia02

10/11壁の配色を標識代わりに使う工夫に加え、廊下にはヴィニールフリー素材を使う環境への配慮もなされている。
PHOTOGRAPH BY HALKIN MASON PHOTOGRAPHY

columbia03

11/11診察室のレイアウトひとつとっても、例えば小児科と関連性の高い産婦人科を隣接させて患者の動線をストレスフリーにするだけでなく、医師同士の高度かつ親密なコミュニケーションを生み出す。
PHOTOGRAPH BY HALKIN MASON PHOTOGRAPHY

Prev Next

皮肉なことに、病院はこれまで長きにわたって、人も環境も「不健康」にしてしまう要塞のような施設としてデザインされてきた。昼か夜かもわからないような人工的で居心地の悪い空間、大量に排出される汚染水や再利用できないゴミ…効率ばかりを優先してきたこれまでの医療・ヘルスケアは、人々の健康を環境、そしてコミュニティとのつながりにおいて考えることを十全にはしてこなかったといえる。

「20世紀型の巨大な経済システムがそんな状況を生み出したのです」

Perkins+Willのサステイナブルヘルスケアデザインリーダー、ロビン・グエンサーはそう語る。彼女は、こうした現状を打開するために「Restorative Design」というデザインアプローチを提案・実践してきた。日本語ならば「回復のデザイン」とでも呼ぶべきそのアプローチが可能にするのは、人から地域へ、そして社会へと健康を広げていく「開かれた病院」のかたちである。

robin

ROBIN GUENTHER|ロビン・グエンサー
1935年設立の米国の建築デザインファーム・Perkins+Willのサステイナブルヘルスケアデザインリーダー。Perkins+Willでは1,800人のメンバーが世界中でプロジェクトを手がけており、2015年には『Fast Company』が選ぶ最もイノヴェイティヴな建築ファームのベスト4に選ばれた。グエンサーは2010年、『Healthcare Design Magazine』の「ヘルスケア領域で最も影響力のあるデザイナー」に選ばれている。perkinswill.com

──Restorative Designとはどのようなアプローチなのでしょうか?

Restorative Designは、「害を減らそう」という従来のサステイナビリティに対する考え方をさらに一歩進めたものと言えます。Restorative Designは、単に害を減らすことを目指すだけではなく、むしろ、害を減らしてゆく過程において、人、環境、社会に対して包括的な価値を生みだしていくようなデザインアプローチです。

──そのアプローチに従って病院をデザインするとはどういうことですか?

エネルギーの消費量を抑える、有害物質を含まず環境にいい素材を建物に使う、院内の人々が自然を感じることができるように外の光をよく取り入れる窓をつくるといったことを行います。人々はそのようにつくられた病院を見て、「なんて美しいんだ」と最初に言ってくれます。まったく病院のようには見えないと。見て気持ちがいい。居心地がいい。そんな単純なことでも、病院の中で過ごす人にはプラスの効果があると考えています。

重要なのは、「健康」を目的とした建物をデザインすることです。健康を最優先に置き、それを果たすべき目的として設定できれば、すべての意思決定を「健康」というレンズを通して行うことができるようになります。

現在の世界は、健康を最優先にしているとは言えません。わたしたちの「行動」とそれによって起こる「結果」を切り離した20世紀型の経済システムは、健康というものを社会全体に関わるものとは考えてこなかったのです。地球が病気の星であっても人は健康でいることができると多くの人が信じきってしまったのです。しかし、健康な環境なくして人は健康になれません。病院という場所においてはなおさらそうです。

──病院の外側、つまり周囲のコミュニティに対して、そうした病院はどのような恩恵をもたらしうるのでしょうか?

まずひとつに、環境へのインパクトを減らせます。エネルギー消費の観点からすると、病院は地域で最も効率の悪い施設のひとつです。だからこそそれを運用する人たちがエネルギーや水の消費量を考慮することで、周辺環境に対する悪影響も減らすことができます。

2つ目は、病院がコミュニティのアンカー(支える場所)になることができるということです。現在は国内外を問わずどこからでも直接ものを買うことができますが、大量の物資を必要とする病院は、周辺地域にもっとお金を使えるはずです。地域ともっとつながったとき、経済的にも社会的にも、病院はコミュニティを元気づけることができます。レジリエンスという点でも、災害が起きたときに病院がいち早くヘルスケアを届けられれば、地域の人々を救うことができるはずです。

そして3つ目は、病院が健康を中心とする建物や組織のあり方のモデルとなれることです。病院が優れた事例となることで、企業なども、健康と環境を価値の中心に置くデザインを取り入れていけるでしょう。

──健康を社会に広めていくにあたっての課題は何でしょうか?

ひとつには、先ほど話したように何が健康を阻害しているのかという因果関係が、システムのなかで見えにくくなっていることが挙げられます。ヘルスケアを提供する側がその関係を見つけやすくなるように、わたしたちは伝え続けるしかありません。

ビッグデータやバイオメトリクスといったテクノロジーは、これまで切り離されていた原因と結果を再びつなぐために役立つでしょう。そうして気づいた問題に対して、実際にどのような解決策を生み出していけるかどうかがもうひとつの課題です。例えばデジタルの体温計が生まれたことで水銀を使わずに済むようになったといったことは、小さな進歩のように見えますが、テクノロジーがもたらした大きな恩恵なのです。わたしたちは、あらゆる面から現在の病院の環境を進歩させていかなければいけません。

もちろん、こうした問題をすべて短期間で解決するのは簡単ではありません。問題は大きく、かつ、わたしたちは変化を好まない経済システムのなかに生きています。新しいチャレンジを阻む世界規模のシステムこそが、わたしたちが向き合っている最大の課題なのかもしれません。

2014年のTEDMEDで「Restorative Design」のアイデアを語るグエンサー。著書『Sustainable Healthcare Architecture』でも彼女のデザインアプローチの詳細を知ることができる。

──2014年のTEDMEDに登壇した際には、こうした状況を変えるために必要なのはマインドセットだと話していましたね。

その通りです。「ヘルスケアの目的は命を救うことであり、そのためには環境に負荷がかかってもしょうがない」とヘルスケア業界が信じ込んでいる限り、状況は悪くなるばかりです。身体の健康と環境の健康は共存しうるということを彼らに伝え、マインドセットを変えることが何よりも重要です。

とはいえ、米国のヘルスケアシステムには少しずつ変化が表れています。カイザー・パーマネンテなどのヘルスケアカンパニーは健康と環境とがつながっていることを理解し始めており、自然環境への負荷を減らし、コミュニティを支えていこうとしています。それは本当に素晴らしいことです。

わたしは、建築は、それを使う人々の衣服のようなものだと考えています。つまり、建物がどうデザインされ、どう機能しているかは、そこを利用する人々が何者であるかということと密接に影響しあっているのです。

わたしの初期のプロジェクトのひとつ「Discovery Health Center」(ギャラリー#1, 2)は、発達障害を抱えた人々のためにつくられた施設です。米国のヘルスケア施設としてLEED認証を初めて取得した建物であり、オープンして10年以上経ちますが、そこに暮らす人々はその間にオーガニックファームをつくり、自然エネルギーの割合を高め、使うクルマもより環境にやさしいものに変えていきました。建物の価値観に見合うように自らの生活を変えていったのです。

それこそがデザインの力です。ウィンストン・チャーチルは、かつてこう言いました。「最初は人が建物をつくるが、そのあとは建物が人をつくる」。本当にその通りだと思いますね。

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。