日本人で中国の自動車メーカーに詳しい人がどれだけ存在するだろうか。中国自動車メーカーは日本市場に進出できていないため、致し方ないと言えるが、中国自動車メーカーは現時点では中国以外で大きな成功を収められていないのが現状だ。中国メディアの捜狐は、中国の自動車メーカーはなぜ中国高速鉄道のような成功を収められないのかと疑問を投げかけた。(イメージ写真提供:(C)Jaroonrat Vitoosuwan/123RF.COM)

写真拡大

 日本人で中国の自動車メーカーに詳しい人がどれだけ存在するだろうか。中国自動車メーカーは日本市場に進出できていないため、致し方ないと言えるが、中国自動車メーカーは現時点では中国以外で大きな成功を収められていないのが現状だ。中国メディアの捜狐は、中国の自動車メーカーはなぜ中国高速鉄道のような成功を収められないのかと疑問を投げかけた。

 記事はまず、中国高速鉄道の発展の歴史を紹介、世界でもっとも長い営業距離を打ちたて、もっとも速く、そしてもっとも低価格で建設できるのが中国高速鉄道であると主張した。

 では、なぜ中国高速鉄道は短期間で大きな発展を遂げたのだろうか。その理由について「国家が強力に推進したこと」、「技術を導入したこと」、さらに「研究、イノベーションの重視」によるものだと主張し、中国政府が政策として日本やドイツの技術を吸収、消化、さらに技術革新を続けた結果であると論じた。

 中国高速鉄道は他国の技術を導入したものであり、中国国内での使用に限定するとの契約だったという主張もある。中国側が導入した技術をもとに革新した現在の高速鉄道は契約内容にある技術とは違うとして輸出を推進しているため、「パクリ」とも批判されることが多いが、自動車市場との決定的な違いは「国が主導したこと」、「さらに市場開放の条件として技術を供与させたこと」が挙げられる。中国の自動車市場は合弁会社の設立を条件に市場を開放しただけにとどまったため、技術を持つ外資メーカーに市場を押さえられたというわけだ。中国自動車メーカーが中国高速鉄道のような成功を収められない理由はここにある。

 記事は一貫して、中国高速鉄道の成功の道筋を称賛している。しかし、実際は国家戦略で発展させてきたはずの高速鉄道技術を国外の市場で生かせていないのが実情と言えるだろう。中国側が受注したにもかかわらず工事を完成させられないプロジェクトが複数存在するのがその証拠と言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Jaroonrat Vitoosuwan/123RF.COM)