15日、環球時報は16日に開園する上海ディズニーランドに関して、海外メディアの見解をまとめ伝えた。写真は上海ディズニーランド開園の関連広告。

写真拡大

2016年6月15日、環球時報は16日に開園する上海ディズニーランドに関して、海外メディアの見解をまとめ伝えた。

上海ディズニーランドは中国本土で初のディズニーパークで、米国以外では最大の規模を誇る。中国経済の成長は緩やかに下降しているものの、ウォルト・ディズニー・カンパニーは中国の中産階級は引き続き急速に拡大し、中国消費者が今後中国経済を支える重要な要素になるとみている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ウォルト・ディズニー・カンパニーの海外のディズニーパークは収益が悪い状況が続いており、赤字になるケースも珍しくない。これに対し、上海ディズニーランドは1年で5億ドル(約530億円)の収益を生み出すとの試算もあり、ウォルト・ディズニー・カンパニーは海外業務の収益アップを上海ディズニーランドに期待している。

一方で、上海ディズニーランドの登場により、中国ではテーマパークが注目を集め、相次ぎ誕生している。仏AFP通信は、中国のテーマパーク数は世界一の速度で増加し、2015年の1年間で21カ所のテーマパークが開園した。さらに20カ所が現在開園に向け工事が進められている。米・ユニバーサルは北京でテーマパークの建設を計画しており、米・ドリームワークスも巨額を投じテーマパークを中国で建設する予定という。中国の国内企業もテーマパークに目を向け、中国のワンダ・グループ(万達集団)は複合施設「ワンダ・シティ」を建設している。

ワンダ・グループの王健林(ワン・ジエンリン)会長は、「ディズニーは同じように映画とテーマパークを手掛ける万達のことをライバル視してきたが、今はミッキーマウスやドナルドダックを見て喜ぶ時代ではなくなった」とディズニーとの対決姿勢を鮮明にしている。

これに関して英ロイター通信は、中国国産アニメの存在がディズニーにとって大きな障害であると指摘している。中国では国産アニメの「喜羊羊と灰太狼」が絶大な人気を集めており、今の中国の子どもに好きなキャラクターを聞いてミッキーマウスやドナルドダックと答える子は非常に少ない。ディズニーが中国の子どもの心をつかみ親の財布を緩ませることは困難だと分析した。

一方、独デア・シュピーゲルは中国アニメがディズニーのライバルになるにはまだ力が足りないと報じている。ディズニーランドは中国国内のテーマパークに比べチケットの値段が高額だが、開園数週間後のチケットもすでに売り切れている。中国人が米国のエンタメ商品に歓迎的な姿勢であることがわかり、「灰太狼」が「ミッキーマウス」に対抗するにはまだ努力が必要だと指摘した。(翻訳・編集/内山)