画像

写真拡大 (全2枚)

 オプトとAOI Pro.は、データを用いたクリエイティブの価値向上を目指すラボ「I/O METRICS」をアップデート。マーケティングストーリーを軸にデータとクリエイティブを結びつける「I/O METRICS 2.0」を始動する。

 オプトとAOI Pro.は、2015年4月に立ち上げたクリエイティブサイエンスラボ「I/O METRICS(アイオーメトリクス)」を進化させ、「I/O METRICS 2.0」を始動する。また、同プロジェクトの始動に伴い、オプト内にブランドコミュニケーションアナリティクス部を設立した。
I/O METRICS 2.0が内包する機能

 現在、ブランドプロモーションにおいても、マスとデジタルをよりシームレスに融合し、コミュニケーションを一気通貫して企画し、計測していくことが重要になっている。

 前身の「I/O METRICS」では、データを用いたクリエイティブの価値向上を目指してきた。だが、これまでの活動からマーケティングストーリーを軸にデータとクリエイティブを結びつけられる人材の創出が重要と捉え「I/O METRICS 2.0」へとバージョンアップすることとなった。

 「I/O METRICS 2.0」では、Strategy(戦略)/Communication Planning(企画)/Creative(制作)/Analytics(分析)を一気通貫でサポートし、企業のブランド価値向上のパートナーを目指す。

MarkeZine編集部[著]