写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●店舗業務の複雑化による影響は業績が2年落ち込むほどの深刻さ
AWSで1300店舗支えるシステム刷新

6月1日から3日にかけて、AWSクラウドに関するさまざまな事例/最新技術/活用方法を紹介するカンファレンス「AWS Summit Tokyo 2016」が開催された。本稿では、同イベントにおいて、ココカラファイン 上席執行役員 経営戦略本部 企業品質部長 兼 IT開発チームマネジャーの尾池泰之氏が登壇したセッション「ココカラファインの挑戦! クラウドで実現する店舗プラットフォーム」の内容をレポートしよう。

○店舗業務の混乱で店舗システム刷新が急務に

神奈川県横浜市に拠点を置くココカラファインは、ドラッグストア事業/調剤事業/介護事業を組み合わせたヘルスケア産業に携わる企業だ。2008年4月にセイジョーとセガミメディクスが経営統合してココカラファインホールディングス(HD)が誕生、2010年10月にはアライドハーツとの経営統合でココカラファインへと商号を変更。2012年11月にコダマを、2013年11月に岩崎宏健堂を子会社化したほか、2013年4月には販売子会社を統合しココカラファイン ヘルスケアを設立した。こうして大きく成長してきたココカラファインは現在、大都市圏を中心として全国で1311店舗を展開するに至っている。

その一方で、急成長を遂げた企業ならではの課題にも直面していたという。当時、同社が展開する店舗にはPOSをはじめ、会計システムや棚卸しシステム、さらには決済端末(クレジット/電子マネー)/クーポンシステム/シフト作成勤怠/教育・マニュアル/ストコン/会員システム/営業実績/グループウェアなど、実にさまざまなデバイスやシステムが混在。しかも、これらを扱う店舗スタッフの作業動線が非効率的で、本来注力すべき顧客対応にあまり時間を割けない状況に陥っていたのである。

尾池氏は「決済手段の増加など、多様化するサービスや販促と、店舗の業務はより複雑化しており、店舗スタッフが扱わなければいけないシステムも増える一方でした。その混乱は非常に深刻で、業績が2年間落ち込んだほどです。そこで、システムも業務もシンプルかつ便利になるよう、散在するシステムが集約できる新たな店舗プラットフォームの構築を検討開始しました」と語る。

新たな店舗プラットフォームの構築は、店舗業務が混乱を極める同社にとって急務だった。ベンダー選定からリリースまでの猶予は約1年で、今後どれくらいデータ量が増えるかは未知数。なおかつ、コストを最小限に抑える必要があり、こうした条件を満たせる候補として上がったのがAWS(Amazon Web Services)だったという。

○経験不足という壁を越えたAWSへの信頼とメリット

実は2014年以降、同社ではワークフローシステムやオンラインショップなどさまざまなシステムをAWS環境でリプレイスしてきた実績がある。しかし、これらはいずれも比較的単純なサーバリプレースが中心で、今回のような基幹系のリプレースはまったく経験がなかった。そうした状態で、店舗プラットフォームというシビアなシステムを本当にAWSで実現できるのか不安だったそうだ。

ただし、これまでAWSを使ってきた経験から、そのメリットを十分に得られているのもまた事実だった。サイジングは構築後でも調整ができ、オンプレミスで3カ月以上かかっていた構築期間は1カ月もあれば十分。AWSに関する学習は必要だが、社内運用的にオンプレミスのライフサイクルに縛られなくなったり、初期投資を抑えて稼働後のコスト評価で方向性の見直しが行えたりする点も大きい。

さらに、尾池氏は「これまでは案件ごとに関連技術の学習を行ってきましたが、企業としてナレッジを蓄積するべく『AWSトレーニング』への参加も始めました。これにより、ナレッジが体系立てて整理され、パートナーベンダーとも対等に会話ができるようになったのです。当社のリクエストが正確に伝えられ、それがしっかりと反映されているかを共通の目線で確認できることは、AWSを使う上で極めて重要だと感じました」と語る。

こうした背景から、同社ではAWSによる新たな店舗プラットフォームの構築をスタートしたのだ。

●Auroraの採用でリアルタイム在庫表示を実現へ
○柔軟なリソース調整もAWSならではの強み

実際の構築については、IT開発チーム 新店舗システムプロジェクトリーダーの黒木克明氏が説明を行った。

全体のスケジュールは次のとおりだ。2015年10月から2016年5月にかけて、店舗プラットフォームに関する要件定義・開発・構築テストを実施、AWS Summitの前日である2016年6月1日に無事カットオーバーを迎えた。また、2015年11月から店舗におけるWi-Fiの展開、2月からは端末の展開をスタートし、インフラ面の刷新も同時に行っている。

リソースのサイジングは、開始時に詳細な部分までは踏み込まず、当時のデータ使用量を大まかに伝えてスタートを切ったそうだ。そして、設計段階の調整で徐々にダウンサイジングし、パフォーマンステストで必要十分なサイズを導き出したそうだ。なお、既存システムからのデータ移行や、端末がオフラインでも使えるようローカルデータベースを持たせるなど、負荷が増加するリリース直前には一時的にリソースをアップして対応。現在はパフォーマンステスト時のリソースレベルに落ち着いているという。

○将来的にはリアルタイムでの在庫表示も可能に

システムの全体像は、これまでPOSや業務システムが同社の社内ネットワークを通じてデータセンターとのやり取りを行っていたのに対し、新システムでは業務端末がインターネット経由でAWSにアクセスする方式を採用。専用線接続サービス「AWS Direct Connect」を使用しており、黒木氏は「物理的に光ファイバーケーブルを引くのが、一番時間を要した部分と言えます」と語る。

AWSのサービスは「EC2」と「RDS」をメインに利用。リアルタイム・ストリーミング・データを簡単に扱える「Amazon Kinesis」、大量のデータを迅速かつコスト効率良く処理できる「Amazon Elastic MapReduce」、リレーショナルデータベースエンジン「Amazon Aurora」により、分散処理を用いたリアルタイム在庫表示も実現している。ミドルウェア構成としては「AWS マネージドサービス」を活用しており、統合システム監視「Zabbix」、ログ収集基盤「Fluentd」、継続的インテグレーションツール「Jenkins」、プロジェクト管理「Redmine」など、オープンソースソフトウェアも数多く盛り込んだ。

ちなみに、リアルタイム在庫表示に関してはまだ完全ではなく、現時点ではPOSから1時間おきにデータ送信を行う"準リアルタイム"にとどまっているという。この理由について、黒木氏は「Kinesisは細かなデータの処理を得意としているため、POSから送られてくるデータをKinesisに合わせて細かくバラすのに苦労しました。現段階ではまだバッチのほうが少し早いという結果が出ていますが、将来的なPOS側の高速化を鑑みて、まずはバックエンド部分を整備した状況です」と語った。

同社は、今回の店舗プラットフォームだけでなく、顧客向けプラットフォームもAWSでの実現を目指しているそうだ。

(エースラッシュ)