夏バテや紫外線が気になる季節に1日1杯!

写真拡大

ファンケルヘルスサイエンス(横浜市)は、「本搾り青汁と果汁 夏の栄養補給セット」を2016年6月17日に数量限定発売する。

「本搾り青汁 プレミアム冷凍」と国内産果実100%果汁を混ぜて飲用することで、1日に必要な緑黄色野菜量(120グラム)と果実量(200グラム)を摂取できる夏の栄養補給に最適なセット。

"野菜の王様"と言われるほど栄養価が高いケールと果実にはミネラルやクエン酸、抗酸化ビタミンが豊富に含まれ、日々の疲れや夏バテが気になる毎日の生活をサポート。さらに、紫外線の酸化ダメージから体を守ってくれるという。

青汁は国内産ケールを100%、果汁は国内産果実のみをブレンドし100%使用している。長野・青森県産「りんご」、沖縄県産「パインアップル」の自然な甘み、宮崎県産「日向夏」など柑橘の酸味、四国・九州産「ゆず」、宮崎県産「きんかん」の程よい苦みを生かし、爽やかな味わいに仕上げた。

青汁と果汁を1日1杯(200グラム)飲むだけで、緑黄色野菜だけではなく果物不足も解消できる。

通信販売で取り扱う。

内容量30袋入り(本搾り青汁プレミアム冷凍100グラム×15袋、国内産果汁100グラム×15袋)、価格は3950円(税込)。