韓国の各造船メーカーの受注が激減していることはすでに報じられているが、韓国の建設会社の国外における受注額も激減しているという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 韓国の各造船メーカーの受注が激減していることはすでに報じられているが、韓国の建設会社の国外における受注額も激減しているという。

 韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版はこのほど、原油価格に持ち直しの動きが見られるものの、韓国の建設会社の2016年上半期における国外での受注額は「谷底まで急落した」と伝え、前年同期比40%減となったことを紹介した。

 記事は、韓国の海外建設協会の発表を引用し、今年の国外における建設プロジェクトの受注額は前年同期比40%減の約141億3837万ドル(約1兆5015億円)にとどまったことを紹介し、12年以降としては最低の水準にまで落ち込んだことを伝えた。

 受注を地域別に見た場合、中東では同44%減、中南米で同68.4%減となった。太平洋地域および北米地域やアフリカでの受注額は大きく伸びたものの、中東および中南米における減少をカバーできるほどではなかったという。

 韓国の建設会社は中東でのプロジェクト受注に偏重しており、国際原油価格の低迷に伴い、受注額が大きく減少している。韓国企業は受注額を重視する姿勢から、収益を重視する姿勢に転換し始めており、「手当たり次第に受注せず、慎重に選択するようになったことも受注額の急激な減少につながっている」という。

 現代建設が1965年にタイの高速道路建設を受注したのが韓国の建設会社にとって初の国外でのプロジェクト受注だった。当時は300万ドル(約3億1860万円)の赤字を計上したが、1993年には累計受注額が1000億ドル(約10兆6203億円)を突破、06年には2000億ドル(約21兆2406億円)、15年には7000億ドル(約74兆3421億円)を突破するなど、飛躍的な成長を見せていたが、今年の受注額の急減は韓国の建設会社の国外における成長が踊り場に差し掛かっていることを意味するのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)