画像

写真拡大 (全3枚)

 KDDIとキリンは、次世代型おままごとキット「ままデジ」を開発した。同プロダクトはセンサーやタブレットと連携しており、動きに合わせて炒める音などが鳴ったり、湯気がでたりと“おままごと”をよりリアルな“料理体験”に近づける。

 KDDIの「au未来研究所」は、キリンをコラボレーションパートナーとして迎え、次世代型おままごとキット「ままデジ」を開発した。センサーやタブレットと連携することで、古くから親しまれる“おままごと”をよりリアルな“料理体験”に近づける。

 「ままデジ」は、おままごとキットに、通信モジュール・各種センサーを内蔵しタブレットと連動しており、動きを検知。包丁を切る時の「ザクッ」という音やフライパンで炒める時の「ジュージュー」という動きに合わせた音が流れるようになっている。
左:ままデジ、右:湯気が出る様子

 さらに、料理が完成し、鍋を開ける際には、湯気が出たり、実際の料理の香りがしたりするなど、従来のおままごとでは無かった嗅覚・聴覚・視覚を刺激する料理体験が可能となっている。

 なお、同プロダクトのタブレットには、カレーをつくる物語がプリインストールされている。物語に沿って手順を進め、料理に関するクイズに回答していくことで、遊ぶことにとどまらず、料理の手順や知識も楽しく学ぶことができる。

MarkeZine編集部[著]