リスニング・スピーキング力を高める機能満載

写真拡大

パナソニックは、CD語学学習機「SL-ES1」を2016年6月17日に発売する。

手本を聴いてから自分で発音する「リピーティング」、手本を聴きながらほぼ同時に発音する「シャドーイング」、語学学習において話す/聴く力を高めるのに効果的だという2種類の練習をサポートする。

約92時間の長時間録音が可能な容量8GBのSDメモリーカードが付属。市販の語学教材CDの手本と自分の発音する声を同時録音(リピーティング/シャドーイング両対応)し、自分の発声のみ/手本と自分の声両方/手本の音声のみの3パターンで再生できる「音声切り替え機能」を備え、自分に合った方法で学習を進められる。

トラック数の多い教材CDでもトラック番号で直接選択できる「10キーボタン」を搭載。そのほか5段階の再生スピード切り替え、録音の「日付検索機能」などを備える。

電源はAC電源と単3形アルカリ乾電池×4本。内蔵スピーカーを使用したCD連続再生は9時間、連続録音は8時間、SD再生は17時間。

価格はオープン。通販サイトでは1万9000円台〜2万2000円台で予約を受け付けている。