ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督 EURO2016初戦での「失態」を謝罪

ざっくり言うと

  • ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、EURO2016初戦での「失態」を謝罪した
  • ズボンの中に入れた手を顔に近づけたところをテレビカメラが撮影していた
  • レーブ監督は、試合に集中するあまり無意識に行動していたと述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング