ユーロ2016が始まった。中国広西チワン族自治区南寧市の多くのサッカーファンは、徹夜で試合を観戦している。当然のことながら、コールドドリンク、おつまみ、ビール、あぶり焼きの摂取量も増える。

写真拡大

ユーロ2016(欧州サッカー連盟UEFAが主催する、ナショナルチームによる欧州選手権大会)が始まった。中国広西チワン族自治区南寧市の多くのサッカーファンは、徹夜で試合を観戦している。当然のことながら、コールドドリンク、おつまみ、ビール、あぶり焼きの摂取量も増える。過去の例を見ると、ワールドカップやユーロの大会が終わったあと、病院の泌尿器科や呼吸器内科の外来を訪れる患者の多くはサッカーファンだ。1カ月間にわたり徹夜でサッカー観戦を続けたうえ、十分な休息時間を確保しておらず、長い間座った姿勢のまま不規則な飲食生活を続けたことから、身体がSOSを出したのだ。広西新聞網が伝えた。

広西中医薬大学付属瑞康病院呼吸器内科の医師は、「これまでの経験から、ワールドカップやユーロ開催中多くのサッカーファンは、徹夜で試合を観戦しながら冷たいビールやあぶり焼きなどをだらだらと食べ続けることで、喉の痛み、発熱、風邪など一連の症状を発症するケースが多くみられる。また、水の代わりにビールを飲み、長い間テレビの前に座ったままで試合を観戦し続け、尿意を催してもトイレを我慢したため、尿路結石を患う人もいる」と警告した。

同大学第一付属病院仁愛分院外科の梁永秀科長は、「徹夜は身体によくない。特に心臓へのダメージが大きい。夏に疲労がたまる、徹夜することなどで、精神的に元気がなくなり、免疫力が低下しやすい。すると、細菌性胃腸炎などさまざまな病気を引き起こす恐れがある。高血圧、心臓病、冠状動脈性心臓病、糖尿病、神経衰弱などの病気を患っている人々は、徹夜して試合観戦することは絶対に避けるべきだ。スポーツの試合を見ると興奮しやすく、徹夜すると簡単に急性の発作が起きる可能性がある」と指摘した。

【健康指南】徹夜観戦をする際に注意すべき点
○飲食面
あっさりしたものを食べること。特に野菜を多めに。徹夜する際には、十分な水分補給を心がける。夕食時にビタミンCを豊富に含む食べ物を摂るのもよい。冷たい飲み物やビールを飲み過ぎないこと。真夜中から早朝にかけての時間帯に元気回復とエネルギー補充のためにビールを飲むことは、健康に良くない。長期的に続けると、身体にダメージがもたらされる。紅茶や湯冷ましを中心に、冷たい飲み物、ビール、あぶり焼きを過度に摂取しないよう注意すること。

○眼のケア
徹夜で試合を観戦するサッカーファンは、ハーフタイムの間に、眼の運動をする、立ち上がって身体を動かすなどの工夫をすること。

○休息の取り方
試合観戦にも限度を設ける。毎試合欠かさず観戦するのは控えるべきだ。明け方3時からの試合を見るのなら、その前にひと眠りして、疲れを取り除いてから観戦すること。(提供/人民網日本語版・編集KM)