15日、ロイター通信によると、米シンクタンクの科学国際安全保障研究所(ISIS)は14日、北朝鮮が核兵器の開発を拡大しているとの分析結果を明らかにした。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月15日、ロイター通信によると、米シンクタンクの科学国際安全保障研究所(ISIS)は14日、北朝鮮が核兵器の開発を拡大しているとの分析結果を明らかにした。

ISISによると、北朝鮮は過去1年半の間に少なくとも6基の核兵器を新たに製造した可能性があるという。ISISは2014年末時点で、北朝鮮が保有する核兵器は10〜16基とする報告書を発表しており、現在は計13〜21基を保有している可能性がある。また、寧辺にある核施設の中で何らかの活動が行われていることも確認したことも報告している。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「北朝鮮がそういった技術開発のためのお金をどこから得ているかについては、誰も言わない」

「本当にそうなのか?」

「オバマ政権下にある米国では、誰もが不安を感じている」

「簡単な解決策が1つある。爆弾がどのように機能するか、彼らの核施設に爆弾を落として見せてやればいい」

「常軌を逸したあの国の指導者に何を期待していたんだ?」(翻訳・編集/蘆田)