14日、ロイター通信は米大統領選で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏が来月7日に共和党下院議員と会合を開くと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はドナルド・トランプ氏。

写真拡大

2016年6月14日、ロイター通信は米大統領選で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏が来月7日に共和党下院議員と会合を開くと報じた。

側近らが明らかにしたところによると、議員総会議長のキャシー・マクモリス・ロジャース氏は、トランプ氏と下院議員との会合について、政策における優先事項や、党の結束を図るための計画などについて共有する機会になると説明した。トランプ氏はこれまで、党指導部やトランプ氏を支持する一部の議員とは会談したが、下院議員全員と会合を行うのは初めてだという。トランプ氏は、イスラム教徒や移民問題などについて過激な発言をしてきており、一部の下院議員は11月の本選での勝敗にリスクがあると懸念している。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「共和党の議員たちよ、トランプ氏とはできる限り距離を置くべきだ」

「常軌を逸したこの人物を支持している議員たちは、投票の際にその代償を払うことになるだろう。彼が大統領になることは決してない」

「トランプ氏は安定していないな」

「その会合は、反米主義者のトランプ氏をお払い箱にすべき時だ」

「共和党の議員たちはトランプ氏のもとに結集するだろう。そして彼は11月に当選することになるだろう」(翻訳・編集/蘆田)