14日、中国国務院新聞弁公室が発表した「国家人権行動計画(2012−15年)実施評価報告」によると、中国農村部の貧困人口は2012〜15年までの4年間で6663万人減少した。写真は貧困児童を見舞うボランティア。

写真拡大

2016年6月14日、中国国務院新聞弁公室が発表した「国家人権行動計画(2012−15年)実施評価報告」によると、中国農村部の貧困人口は2012〜15年までの4年間で6663万人減少した。新華社が伝えた。

【その他の写真】

中国では、農民1人当たりの年間純収入2300元(約3万7000円)を貧困ラインとして定め、この基準に達しない人に対し各種の扶助を行っている。政府は12〜15年までに農村部の延べ9300万人に対し農作物栽培や養殖などの技術訓練を実施したほか、17の辺境貧困県(市)に対し、各種の扶助資金として255億3000万元(約4104億円)を投じるなどしてきた。(翻訳・編集/柳川)