痛い痛風は風が吹いても痛い(shutterstock.com)

写真拡大

 アッ、痛い! 痛い所に限って何度も痛烈にぶつける。まさに痛む上に塩を塗る、泣きっ面に蜂だ。ところが、「痛い、痛い、痛い」と絶叫しても、痛い痛風は風が吹いても痛い。この痛恨の痛みは、幾千万、幾億もの人々を阿鼻叫喚の激痛地獄に陥れてきた。

 紀元前8世紀の古代ローマ時代――。関節に毒素がたまる奇病に、人々は恐怖し、煩悶する。14世紀のルネサンス期のイタリア――。芸術家たちのパトロンである富裕なメディチ家の人々も、世界帝国を築き上げた神聖ローマ皇帝カール5世も、耐え切れない痛苦にのたうち回る。

 得体の知れない奇病は数世紀をまたいで、御一新に沸く明治の巷にも風のように舞い立ち、およそ1世紀の間、神隠れしたり、奇襲したりして、日本人に取り憑く。だが、昭和の終戦が引き寄せた食の欧風化、過食偏食、肉食過剰の食習慣は、日本の津々浦々に贅沢病を瞬く間に蔓延(はびこ)らせた。

日本人の痛風患者はおよそ96万人

 21世紀に至っても、人類を苦しめる手を緩めない痛風とは、いったい何か? 高脂肪・高カロリーの食生活、過剰飲酒、運動不足、ストレス、肥満などによって血液中の尿酸値が高まる高尿酸血症(尿酸値7.0mg/dl以上)を発症し、足趾(あしのゆび)、足首、足の甲、アキレス腱のつけ根、膝などに起きる急性関節炎、それが痛風だ。

 足・膝・腰・肩・肘・手・胸骨など、全身の関節をくまなく徘徊しながら、あたかも風が強まったり弱まったりするように、冷酷な痛みに襲われたり、痛みが和らいだたりを執拗に繰り返す。とりわけ足の母趾(ぼし)の付け根の関節(母趾MP関節)の発症が約7割を占めるのが特徴だ。

 尿酸は、細胞の核酸などに含まれ、細胞の再生に関わるプリン体の最終産物。主に肝臓で産出されるが、腎臓から最終的に排泄されるのは10%にすぎない。残りの90%は、尿酸が体液中に溶ける7mg/dLを超えると、尿細管から体液中に再吸収されて蓄積される。その結果、尿酸の結晶化が進み、結晶化した尿酸への炎症反応である高尿酸血症を発症する。
 
 痛風の日本人の有病率は0.1〜0.3%。『2010年国民生活基礎調査』によれば、痛風で通院中の患者はおよそ96万人。尿酸値が高い無症候性高尿酸血症(痛風予備群)は約500万人と推計される。痛風の90%以上が40代前後の男性だが、若い世代の発症も増えている。

 どんな症状を伴うのか? 熱っぽい、チクチクする、体が重いなどの前兆があり、6〜12時間後に激烈な痛み、はれ、発赤、熱感が表れたり、耳に痛風結節(しこり)ができたりする。夜間に骨折したような激痛が走り、歩行できなくなることもある。発作は24時間以内にピークを迎え、3〜4日後にやや改善し、およそ1〜2週間程度で自然に軽快することが少なくない。

 だが、放置すれば再発を繰り返し、慢性の関節炎に進行すると、関節軟骨に欠損(びらん)を生じたり、関節の変形や機能障害が残るので、侮れば怖い。
痛風の予防の予防法は?

 痛風は予防できないのだろうか? 

 『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』の作成にも携わった帝京大学医学部付属病院の藤森新病院長によれば、まず食事でカロリーを制限し、急激なダイエットを避けながら、肥満をコントロールするのが先決と指摘する。

 つまり、体重が増えると、血液中の尿酸値が高まり、体重が減ると尿酸値が下がる。したがって、ウォーキング、サイクリング、水泳などのゆったりとした適度な有酸素運動を心がけ、肥満を解消することが最善策だ。

 さらに、1日2リットル程度の水分摂取を心がければ、尿酸が排泄されやすくなるため、尿酸値は下がる。さらに、肉類や魚類などの酸性食品を控え、野菜、海草、貝類、豆類、乳製品などのアルカリ性食品を多く摂ると、尿酸の結晶化を防げるだろう。

 痛風は生活習慣病、肥満は万病の元。規則正しい生活、穏やかな食事制限、バランスの取れた食事、適度な運動が何よりの予防策だ。痛風の症状や兆しが少しでもあれば、迷わず医師の診断を受けてほしい。
(文=編集部)