大人になっても習い事をしていますか? 子ども時代の習い事を続けたり、将来の仕事を見据えてレッスンに通ったり、”大人の習い事”に励む人が増えています。その一方で、毎日忙しくて、「やっぱり通えなかった……」という人も。

今回は、『美レンジャー』が女性500人を対象に「すぐ挫折してしまった習い事」を聞いてみました。ランキング1位は、多くの女性にとって身近なあの習い事でした!

■5位:ゴルフ(22人/4.4%)

ゴルフをする女性がブームになっていました。多くの人がゴルフの魅力に惹きつけられて、早起きも厭わずゴルフだけで休日を過ごしているのをみると、「私もやってみたい!」という気持ちになるものです。

仕事をする人には、接待などで役立つ趣味の一つ。ウエアもカワイイですが、時間も余力も必要とするスポーツです。挫折する理由には「好きでないと続けられない」「体力が続かない……」ということもありそうです。

■4位:スポーツジム(24人/4.8%)

日頃の運動不足や、ダイエットのために、仕事帰りや休日にジムで汗を流して「スッキリ!」と思い描いてしまいますが、現実はそうはいかないようですね。ジムは意外と混雑していて、目的のマシンが使えなかったり、希望のレッスンが受けられなかったり……。

またジムの後のビールが美味しくて、結局ダイエットにはならない……ということも。コツコツと身体作りしていくタイプの人には向いているでしょう。

■3位:資格取得(26人/5.2%)

仕事で役立つ資格や、ファッション、美容関連、インテリアなどセンスを高める資格等、面白そうな資格はたくさんありますね。でも勉強に時間を費やすのは、はっきりとした目的意識があるから達成できるというもの。社会人になって、なかなか勉強の時間を取るのは大変です。「ちょっと興味があった」くらいでは、続けられないのかもしれません。

■2位:英会話(37人/7.4%)

挫折した習い事2位は英会話でした。これには多くの日本人が共感するのではないでしょうか。「旅行の時に使えれば……」「とっさの時に話したい」という動機があっても、普段使わなければ、なかなか上達の実感もわかないのでしょう。

やはり語学の習得は長い時間を要するので、すぐにネイティブのようになれると甘い幻想を抱くと、早々に挫折することになってしまいます。

■1位:料理教室(60人/12.0%)

挫折した習い事1位は、料理教室という結果に。女性なら誰でも「料理教室に通ってみようかな」と思うものですが、続けられている人は意外と少ない模様。もともと料理が趣味という人なら、学んだ分、実生活でも活かせるでしょうが、あまり料理をしなくてもよい環境の人も多いですし、そもそも外食中心の人には不向き。

「少しはやっておいたほうがいいかな……」とイメージ先行で入会してみても、活かせないのなら、時間も労力もムダになってしまいます。

■習い事を長〜く続けるコツ3つ

仕事や家庭のことで忙しい毎日。そんな中でも習い事を続けられるコツをまとめてみます。

(1)自分が楽しいと思うことをする

「いつか役に立ちそう」といった遠い日のことを思うよりも、今自分の興味があること、ずっとやってみたかったことにトライ。どんなに習得するのが難しくても、その過程すら楽しめるはずです。

(2)友達を作って情報交換をする

習い事の仲間を作ると、習い事の時間がさらに楽しいものになります。またお互いを補強しあって、上達が早くなることもあります。わいわいとしたサークルのような雰囲気があると、習い事は長続きします。

(3)仕事(家庭)が優先と割り切り、長く続ける

「仕事が終わらず、習い事に行けなかった」ということは、しょっちゅうあるはず。そういうことが多くなると、せっかくのやる気もフェードアウトしてしまいます。振替講座が受けられるものなら、続けられる確率が高まります。基本的には、仕事や家庭が優先と割り切って、通えないクラスがあったとしても当然だと思うことです。

大人の習い事は生活に楽しみをもたらしてくれ、子どもの時とはまた違った向かい合い方ができます。挫折する人も多いだけに、はじめから続けられるかどうかを考えてから申し込むとムダがありませんね。

【関連記事】

休日の朝食はカフェ風で!しとふわ「厚焼きホットケーキ」の作り方