14日、福建省福州市を走る路線バス車内で、若い女性が席を譲らないことに腹を立てた高齢の男性が口汚くののしるという騒動があった。

写真拡大

2016年6月14日、福建省福州市を走る路線バス車内で、若い女性が席を譲らないことに腹を立てた高齢の男性が口汚くののしるという騒動があった。

ネットユーザーが撮影した動画には、席に座る女性のそばで男性が「降りろ!」「畜生にも劣る!」「席を譲らないなんて道徳心がない」などとののしる様子が映っている。たまりかねた女性が「生理中ってことを顔に書いておけとでも言うの!?」と反論するも、男性は「知ったことか。お前は降りろ」と言い放ち、女性を罵倒し続けた。あきれた様子の女性は途中で言い争うのを止め、「はいはい、私には教養がありません。はい、道徳心ないです」と受け流していた。その後、ほかの乗客が2人に注意し、男性はその女性とも口論をしながら途中のバス停で降りて行った。

中国では同様の騒動がたびたび問題となっており、ひどい場合は高齢者が席に座った若者を力ずくで引きはがしたり、暴力を振るったりすることもある。

今回の騒動もこれまでと同様、多くのネットユーザーの注目を集めており、「中国の高齢者はますますおかしくなっている」「文革の残党だな」「(男性は女性に対して)『道徳心がない』と言っているけど、自分も高尚な人物にはとても見えない」「若者が席を譲るのは礼儀かもしれないが、義務じゃない」など、男性を批判する声が多く寄せられた。一方で、「きちんとお礼を言ってくれるお年寄りもいる。やっぱり個人の問題」という意見も見られた。(翻訳・編集/北田)