ハイテンションな「教官」が登場

写真拡大

スマートフォンの見すぎによる姿勢の悪化や肩こりに悩む人が増えているが、スマホで起きた肩こりはスマホを見ながら解消しようと、2016年6月15日、ヤフー・ジャパンがストレッチの動画をウェブサイト上に公開した。

この動画は「Yahoo!スマートストレッチ360」と呼ばれ、世界で初めて視点が360度動かせるという。

動画は全部で2分足らず。「Follow me, OK? Let's go! 」(俺についてこい! 行くぜ〜!)――。「教官」のハイテンションな掛け声とともに軽快な音楽が流れ始める。両腕を伸ばしスマホを正面に持ったまま、教官の顔がスマホ画面の真ん中に来るよう上下左右に追いかけながら上半身を動かす。画面上の教官の動きをまねるのではなく、動きを追いかけるのだ。すると、いつの間にか視点が360度動き、それにつれて頭や腕、肩が動き回るので自然に肩や首がほぐれてくる仕組みだ。

同社の発表資料によると、「オモシロ動画でありながら、おふざけ動画ではない。専門家の監修を受けた真面目なストレッチ」という。監修は、帝京大学医療技術学部専任講師でNPO法人・日本ストレッチング協会の長畑芳仁理事長だ。長畑さんは「呼吸を積極的に誘導し、筋の収縮とリラックスを交互に繰り返すことで肩首へのストレッチ効果を獲得できる」とコメントしている。