中華圏の優良企業数十社参加のフォーラム、企業統治に関する発表も/台湾

写真拡大

(台北 15日 中央社)台湾証券取引所と永豊金証券は14日、中華圏の優良企業数十社を招き、「新興アジア有力産業フォーラム」を共同開催した。取引所は企業統治(コーポレートガバナンス)に関する発表を行い、その重要性を訴えた。

同取引所は近年、コーポレート・ガバナンス・センターを設置するなど、企業統治の普及に注力している。長期的に優良な企業統治がなされている企業は市場からの支持を受けられるため、資本市場の勝者になれると説明した。

(田裕斌/編集:名切千絵)