15日、中国国防部は中国海軍の情報収集艦が日本の領海に侵入したと報じられた問題に関するコメントを発表した。資料写真。

写真拡大

2016年6月15日、中国国防部は中国海軍の情報収集艦が日本の領海に侵入したと報じられた問題に関するコメントを発表した。中国新聞網が伝えた。

日本の防衛省は同日、「15日午前3時30分ごろ、鹿児島県口永良部島西の領海を航行する情報収集艦1隻を確認した」と発表。中国国防部は事実関係や目的に関する記者からの質問に対し、「トカラ海峡(鹿児島県口之島と屋久島の間)は国際航行に使用される海峡であり、中国の軍艦の同海峡航行は国連海洋法条約が定める航行の自由の原則に合致する」と主張した。(翻訳・編集/野谷)