男子は「生理の予定を告げられる」のが正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「生理スケジュールを告げてくる女性」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「職場で『いま生理前だから、すごいイライラするんだよね』とか言ってくる女性に、気持ち悪いって思っちゃう。生々しい話でも堂々と話せますっていうアピールなんだろうけど、そんなこと求めてないし、押しつけてこないでほしい」

「やつあたりとか食べ過ぎとか、全部生理のせいにする女性が嫌だね。それ言えばなんでも解決すると思ってるでしょ」

「生理のことを大きな声でしゃべってるのって、女性らしい慎ましさとか、マナーとか、モラルがないなって思う。ガサツな女ってイメージがついちゃうよね」

正直、気分が悪い

男性のなかでも、女性の生理について理解がある人とない人にわかれます。なかには、話されるだけで萎えてしまう人も多いです。彼氏ならまだいいかもしれませんが、いくら仲が良くても、同僚や男友だちには生理時期を伝えるのはやめましょう。

すべて生理のせい...ですか?

食べ過ぎやイライラ、さらにはやつあたりや喧嘩の原因をすべて生理のせいにする女性は「フェアじゃない」と男性は感じています。もちろん、多少の配慮はしますが、全部が全部「だからしょうがないよね」とはなりません。付き合わされるのはごめんです。

慎ましさがない

あけすけに生理のスケジュールを公表する女性に対し、男性はガサツという印象を抱きます。たとえ女性同士で話していたとしても、男性がそばにいるにも関わらず声をひそめることなく話していると、慎ましさがなくて、育ちが悪そうなイメージがついてしまうでしょう。

男子にとっては、「生理の話はあまり聞きたくない」というのがホンネです。 生理の話は男性にとってもデリケート。それを話されたところで、どう接していいかもわかりません。マナーとして、恋人以外の男性に生理の話をするのはやめておきましょう。

あわせて読みたい

・男子は「もう30歳だし」が正直しんどい

・毎月のブルーな生理前をハッピーに変える方法

・生理への理解がありすぎる男性。経血量まで知ってるって... #オネエ調べ