ブンデス席巻したドグラス・コスタ、OA枠でリオ五輪参戦へ

写真拡大

▽昨シーズンのブンデスリーガでその才能を遺憾なく発揮したバイエルンのブラジル代表MFドグラス・コスタ(25)が、今夏に母国で行われるリオ五輪にオーバーエイジ枠で出場することがわかった。『ESPN』が伝えている。

▽ブラジル代表は12日、アメリカで開催されているコパ・アメリカ センテナリオのグループステージ敗退が決定。これを受け、14日にブラジルサッカー連盟(CBF)からドゥンガ監督の解任が発表された。

▽そのため、今夏のリオ五輪でこれ以上の失態は許されないCBFは、バルセロナのFWネイマールに続き、ドグラス・コスタの招集を決断したようだ。『ESPN』が同代表のテクニカル・ディレクターを務めるリナルディ氏のコメントを伝えた。

「私は、ドグラス・コスタに感謝したい。我々は長い間、協議を重ねてきた。それと同時に、彼の努力のおかげで、我々はバイエルンからのリリースしてもらうことになった」

▽ドグラス・コスタは、昨シーズンにシャフタールからバイエルン入りすると、リーグ戦27試合出場で4ゴール14アシストを記録。アメリカで開催中のコパ・アメリカ センテナリオに臨むブラジル代表にも選出されていたが、負傷により参加を辞退していた。