材料費700円。賃貸でもDIYしやすい「ロープと板のオープン収納」

写真拡大

賃貸に暮らしていて、ちょっとした収納を作りたいとき、ありますよね。

そこで、賃貸でも取り付けやすいオープン収納のDIYをご紹介します。

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納

『ロープと板で作る、簡単オープン収納』


用意するもの



・穴をあける電動ドライバードリル
・木工用ドリルビット(10mm)
・板(厚さ13mm)
・ロープ
・フック(壁の素材に合ったもの)


ポイント



・板は、厚さ13mmのファルカタ集成材をチョイス。軽いので、フックへの負担が減ります。

・ロープは好みのものを。私が選んだのはクレモナロープ9mm、1m138円(税込)で、ホームセンターコーナンにて購入しました。今回、全長約50cmの棚を作るのに、3m用意しました。

・フックはヨート 20mmを使いました。1本だいたい30円くらいです。

このフックは使用荷重最大5.5kg前後。2個使用しているので、単純計算で倍とした使用荷重11kgを目安としてください。

ここでは板とロープの重さ約600gを引いて、完成した棚にはだいたい5~6kgのものが載せられると考えます。

フックを購入する時は、このように最大荷重をチェックです!

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納のレック 強力 ロック ピンフック「レック 強力 ロック ピンフック (S) H-641」

石膏ボードの壁であれば、穴が目立たない石膏ボード用フックを。

形も最大荷重もさまざまなものがありますよ。

ピクチャーレールが付いた家であれば、そこから引っ掛けてもいいですよね。

作り方



1.まず、板に穴を空けます。ここでは4隅に、ロープの太さより少し大きめの10mmの穴を空けます。

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納で板に穴を開ける

2.ロープの先端に、テープを巻いておきます。

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納_2

3.板の穴と同間隔にフックを2個取り付けて、半分の長さにカットしたロープを、それぞれ写真のように結んで引っ掛けます。

この時、ロープの長さに3cmくらい長短をつけました。

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納_3
賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納_4

4. ロープの長い方が手前に来るように、1枚目の板の穴に通します。板は平行に、そして壁と垂直になるように気をつけましょう。

ロープを板の下で結びます。2枚目の板も同様にします。

最後にロープを結んで、2で巻いたテープを取ります。もしロープの長さが余ったらカットします。

結び目にボンドをつけると、より頑丈になりますよ。

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納_5

完成!

材料費は、約700円。ロープの長さを測りながらの作業なので面倒そうですが、思ったより短時間でできました。

賃貸でも取り付けやすいロープと板を使ったかわいくて便利なオープン収納のペンキやワックス

板にペンキやワックスを塗って色を付けたり、ロープを麻ひもに変えたりして、オリジナルな棚に挑戦してみてはいかがでしょうか。